記事

ドル117円後半、株下げ幅縮小でドル/円の買い戻しも

[東京 14日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ変わらずの117円後半。日経平均が3カ月半ぶりに1万7000円を割り込んだ局面では117.29円付近まで下押ししたが、引けにかけて1万7000円台を回復すると、ドル/円は便乗して買い進まれた。

市場では「日経平均が1万7000円割れした後、ヘッジファンドの間で債券売り/株買いが広がり、それまで蚊帳の外だったドル/円にも便乗した買いが入った」(ファンド)という。

この日は朝方からドルはじりじり値を下げた。仲値に向けて117.60円まで値を戻したが、日経平均の下げ幅が700円超となり、上海総合株価指数が安く始まった場面で117.29円まで下落した。その後いったん反発したが、日経平均が心理的節目となる1万7000円を割り込むと、117.29円まで再び下落した。

ただ、「117円前半では実需筋のドル買いも出始めている」(国内金融機関)とされ、東京市場の終盤では投機筋のドル買い戻しも手伝って、ドルは117.79円付近まで反発した。

インドネシアの現地メディアによると、ジャカルタ中心部で複数の爆発と発砲があった。インドネシアルピア<IDR=>は、爆発報道を受け1ドル=1万3800ルピア付近から1万3960ルピアに下落した。

中国人民銀行は人民元の対ドル基準値を1ドル=6.5616元に設定した。前営業日終値は6.5743元。同基準値設定を挟んで、ドルは117.40円から117.52円まで上昇した。

オーストラリアの12月雇用統計が悪くない内容だったことを受け、一時、豪ドルが買われた。就業者の減少が事前予想よりはるかに少ない数にとどまり、失業率も予想を下回った。指標発表を受け、豪ドル/米ドルは0.6938米ドル付近から一時0.6953米ドルまで上昇。その後、0.6921米ドルまで押し戻された。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 117.62/64 1.0877/81 127.94/98

午前9時現在 117.41/43 1.0883/87 127.79/83

NY午後5時 117.64/67 1.0875/77 127.99/03

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。