記事

スプリント・ネクステルがiPhoneで無謀な賭け

ウォールストリート・ジャーナルによるとスプリント・ネクステル(S)がiPhoneを大量に仕入れる契約をアップル(AAPL)と締結したそうです。

スプリント・ネクステルはこれまでiPhoneを扱っておらず、それが災いしてマーケットシェアを落としてきました。

だから今回、念願叶ってiPhoneを扱えるようになったのは同社にとって嬉しい事です。

問題はそのために同社が多大な犠牲を払ったことです。

先ず同社は向こう4年間に3,050万台のiPhoneを買い取ると約束しました。これは所謂、テイク・オア・ペイ契約だそうです。

テイク・オア・ペイ契約というのはiPhoneが売れようが売れまいがスプリントはアップルからこの台数を買い切り、その対価として200億ドルを支払うことに同意するものです。

因みに3,050万台というのは米国民10人にひとりという計算になります。
いまスプリント・ネクステルの時価総額は82億ドルしかないので、その会社が200億ドルのコミットメントをするのは社運を賭けた大博打です。

アナリスト達は2014年までスプリント・ネクステルはアップルのディールで利益を出せないだろうと見ています。

これを受けてスプリント・ネクステルの株価は今日急落しました。

画像を見る

もちろん、3,050万台という数字はムリすれば達成できる数字です。なぜなら今年上半期だけでAT&Tとベライゾンは1,200万台のiPhoneを販売している実績があるからです。

ただスプリント・ネクステルは会社の規模がそれらとは比較にならないので苦しい事には変わりありません。

ウォールストリート・ジャーナルはiPhoneがじゃぶじゃぶ市場に溢れるとプレミアム感が失われ、coolでなくなる懸念があるとしています。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。