記事

「憲法を守らない総理の改正発言は、ちゃんちゃらおかしい」枝野幹事長

 枝野幸男幹事長は13日午後、定例記者会見を国会内で開き、給与法関係5法案の取り扱い、補正予算審議、憲法改正、ダブル選挙などについて語った。

 まず、国家公務員の給与関係5法案に関して、民主党と維新の党が13日に党首会談を行い、政策調査会、幹事長の間で議論してきた取り扱い方針(PDFダウンロード参照)で合意したと報告。両党が今後、人事院勧告制度の廃止、国家公務員総人件費2割削減、天下りの厳格化、国会議員の定数削減などに関する4法案を国会に提出する方針だと説明した。

 2015年度補正予算の審議に関して、安倍政権が憲法を無視して臨時国会を開会しなかったため議論すべき問題が山積する中で行われているにもかかわらず、与党側の衆院予算委員長が職権で締めくくり総括質疑を強行したことに対して「審議は極めて不十分であり、大変遺憾だ」と強く批判した。特に安倍総理の答弁について「民主党政権の批判と悪口を繰り返し、政府や自らに突きつけられた質問に正面から答えないという政治の劣化ぶりは大変深刻だ」と安倍総理の姿勢を痛烈に批判した。

 安倍総理が夏の参院選でおおさか維新を含めた改憲勢力で3分の2以上の議席確保を目指すと発言したことについては「立憲主義を理解せず、憲法を守っていない総理が憲法改正の話をすること自体がちゃんちゃらおかしい」と切り捨てた。

 与党内で今夏の衆参ダブル選挙の話題が出ている背景について見解を求められ「一昨年の12月に選挙をしたばかりで、早い解散に大義はない。しかし政治のカレンダーからすると、消費税率の再引き上げの直後に(選挙を)やりたくない、やりにくいというのが一般的だ。今年の4月から年内ぐらいのどこかであっておかしくない」との見通しを述べた。

PDF「給与関係5法案の取り扱いについて」給与関係5法案の取り扱いについて

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  5. 5

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  6. 6

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  7. 7

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  8. 8

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  9. 9

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  10. 10

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。