記事

トランプ候補、高卒男性に人気な理由

Why Do High-School Graduates Male Support Trump?

暴言で知られる不動産王、ドナルド・トランプ候補の勢いが止まりません。 リアル・クリアー・ポリティクスの世論調査平均で算出した支持率は、若干低下したとはいえ34.0%と余裕の首位を堅持しています。アイオワ州党員集会に向けた世論調査ではテッド・クルーズ米上院議員(テキサス州)が28%とかわしトランプ候補は2位ですが、それでも24%と大健闘。2月1日予定の同州党員集会で、引き続き力をみせつけるか注目されます。

トランプ候補、他の追随を許さず(1月11日現在)
リンク先を見る
(出所:Real Clear Politics)

トランプ候補の支持層と言えば、様々な分析が出ていますよね?ワシントン・ポスト(WP)紙の世論調査では支持者の特徴を年齢、性別、宗教、学歴など詳細にわたって切り取っており、それぞれの特徴が見て取れます。

調査結果をみると、トランプ候補の場合に支持者のうち  1)年収5万ドル以下 50% 2)男性 47% 3)カトリック 44%——となっています。現実保守派のマルコ・ルビオ候補だと 1)年収5万ドル以下 8% 2)男性 14% 3)カトリック 14%——でした。いかにトランプ候補の支持者において低所得者、男性、カトリックつまり宗教の保守派が多いかが伺えます。

そのうち、なぜ高卒者の支持率が高いのか?答えは、年収に潜んでいます。

米国勢局によると、2001年において25歳以上の高卒男性の年収は3万7,900ドル、男性全体では3万8,913ドルでその差はわずか1,013ドルに過ぎません。しかし金融危機から回復を遂げた2014年になると、その差は一気に拡大します。25歳以上の高卒男性は3万2,080ドル、男性全体では3万6,302ドルに至り、ギャップは4,222ドルでした。

つまり、高卒男性は景気回復の恩恵を受けていないのです。だからこそエスタブリッシュメント勢力を忌み嫌い、移民で奪われた職を取り返すべくトランプ候補のような存在に目を付けたと言える。以前は映画「ロスト・イン・トランスレーション」でビル・マーレイ演じるミドルエイジ・クライシスに陥った男性にスカーレット・ヨハンソンが「ポルシェ買ったんじゃない?」と聞いたように、スポーツカーで鬱憤を晴らすことができました。しかし所得が思ったように増えないとあって、ストレスの行き先はお金が掛からない米大統領選に向かったのかもしれません。平易な言葉で語りかけ、スローガンに「アメリカをもう一度偉大な国に!(make america great again)」を掲げるトランプ候補なら、同調しやすかったのでしょう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。