記事

戦傷医療構築 朝日新聞改善しろと認めてくれるの?

本日朝日朝刊記事です。(変わる安全保障)戦傷医療構築、急ぐ自衛隊 演習で未熟さ露呈、改善迫った米軍

記事の中にもあるWillの記事への言及は特に何の代わり映えもしていませんが、戦闘終了後の衛生運用(地域医療支援)での米軍担当者からの叱責の記載、「あなたたちは何の専門家なんだ」。まさにその通りです。

ただ米軍に言われるのは仕方ないけど、朝日新聞に言われるのは少し憤りますw

悪いけどそんなこと10年以上前のイラク派遣から現場で問題を共有していましたよ。前のブログ(“リスクを言うならまずここから見直せ  あまりにお粗末自衛隊の医療体制” 民間の厳しい意見に拍手!)に書いたように、自衛隊が戦闘地域で活動するという法律がなかったり、反対するマスコミたちがいっぱいいたからこの問題放置されていただけですよ。Willにも書いていたようにまだ会議したばかりでしょう。実戦運用に現場への周知徹底がまだ追いつけていないだけなんですよ。

そして朝日新聞さん。米軍が言っている衛生科の仕事を肯定し、さらなる衛生の充実を要求するのなら、米軍のように傷者が出る行動を自衛隊が行うということを肯定してくれるんですね。でないと予算はつきません!本当昔大変だったんですよ。衛生という自衛隊においては周りから一段低く見られていた職種に置いて、装備、訓練をいかによくしようとしても、「戦闘しないから必要ないでしょう」の一言で終わりだったんんですから。

救命救急士の運用についても書かれていました。医官以外の人間が処置をすることで救命率が上がると。その通り!私は四国時代自衛隊救急救命士を日赤に派遣し、日赤医師の元で研修させていただきました。ただその救急の医療の現場でも救命士が患者処置をなかなかできていないことも以前ブログで書いています。(救急医療体制のあり方に関する検討会 厚労省報告)100%の安全?を求める日本国内の救急現場のため、医師以外、それこそ救急救命士の処置はまともに認められていなんですよ。だからこそ今回有事から入ってちゃんとやるチャンスなのかもしれませんが。

医官の訓練も必要です。本当戦闘で起きる戦傷病は日常診療では経験が積めない分野で、今ある医官がどれだけできるかは正直厳しいと感じています。米軍などのレクチャーもそうですが、ヤクザの抗争の現場や、テロの現場の被害者などの治療内容を共有する教育、訓練も必要でしょう。

医療と衛生。平時と有事。もう少し深い分析を望みたいですが、清谷さんをはじめこういう問題提起の記事とてもありがたいと思っています。自衛官の安全確保へみなさん協力お願いします。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  3. 3

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  6. 6

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  7. 7

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  8. 8

    機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた

    NEWSポストセブン

    07月24日 08:45

  9. 9

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  10. 10

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。