記事

薬物カルテル首領を拘束、自伝映画の計画から潜伏先が露見

昨年7月、メキシコの重警備刑務所から脱走した、薬物カルテルの首領ホアキン・グスマンをメキシコ軍が拘束したというニュースがありました。グスマンは、メキシコの治安を揺るがしている犯罪組織のなかでも最大勢力をもつシナロアの首領、しかも、二度目の脱走とあって、メキシコ政府が威信にかけて行方を追っていたところでした。

<ニュースから>*****
●メキシコ「麻薬王」を拘束 去年刑務所から脱走
メキシコ最大級の麻薬密売組織の最高幹部で「麻薬王」とも呼ばれ、去年刑務所から脱走し、行方が分からなくなっていた男が軍などとの銃撃戦の末拘束されました。

拘束されたのはメキシコ最大級の麻薬密売組織、「シナロア・カルテル」の最高幹部、ホアキン・グスマン受刑者です。

グスマン受刑者は麻薬密売などの罪で収監されていた首都メキシコシティー近郊の刑務所から去年、脱走し、行方が分からなくなっていましたが、北西部のシナロア州で潜伏しているのが見つかり、8日、拘束されました。現地からの報道によりますと、グスマン受刑者は拘束される際、仲間とともに軍などと銃撃戦を繰り広げたということです。

NHK 1月9日 11時46分
*****

ホアキン・グスマン、メキシコの薬物カルテルのなかでも最大勢力をもつといわれるシナロアの最高幹部です。グスマンは、1993年6月にメキシコで逮捕され、殺人及び麻薬取引の罪で20年の刑を言い渡されていましたが、2001年1月、収容されていたハリスコ州の重警備刑務所から脱走。その後、2014年2月にシナロア州のリゾート地に潜伏していたところを逮捕されました。2度目の脱走は、2015年7月、メキシコ州の最高警備刑務所で24時間監視されているなかで、シャワースペースの床下に掘られた地下トンネルを使って脱走したというものです。

メキシコのカルテルは、中南米で産出する薬物を米国をはじめ世界の消費市場に供給することで利益を得ていますが、手掛ける薬物は南米産のコカイン、南米各地やメキシコで栽培されるけしから製造するヘロイン、メキシコ各地で大量に密造されるメタンフェタミン(覚せい剤)と多彩で、なかでも大麻は圧倒的な量を扱い、その栽培地はメキシコ国内にとどまらず、米国内の自然公園に指定された山林の奥地でも、カルテルの手によって大麻が大量に栽培されています。

ところで、最新の米ニュースでは、当局が逃走中のグスマンの所在を探知したきっかけが話題になっています。組織の本拠地シナロア州に潜伏していたグスマンは、自伝映画の製作を計画し、映画製作スタッフと連絡をとっていたことが、潜伏先を割り出す重要な手掛かりになったというのです。
メキシコの検察長官は記者会見で、その所在をピンポイントで把握する新たな手がかりとなったのは、グスマンが自伝映画の製作を計画し、出演者や製作スタッフ側と連絡をとっていたことだったと明かしました(詳しくは下記①のCNNニュース)。

逃走中の手配犯と自伝映画とは、なんとも異様な組み合わせですが、地元メキシコでのグスマン像をたどってみると、民衆のヒーローという意外な一面も浮かび上がってきます。

そういえば、昨夏、グスマンの脱走を報じたニュースのなかに、地元では、伝説の英雄として民衆の人気を集めている、グスマンの一面をクローズアップしたものがありました。メキシコ民衆のヒーローとして描かれた「怪傑ゾロ」や、ロビンフッドになぞらえる記事も多かったことを思い出します。

前回グスマンが拘束された2014年には、シナロア州では、グスマンの釈放を求めて民衆がデモを行い、治安当局の逮捕者は200人を超えたといいます(下記参照②)。

現代国家としての整備を急ぐメキシコですが、その内政は必ずしもうまく機能していないといわれます。米国に隣接する地の利を生かして、生産基地として大型工場の新設も相次いでいますが、その恩恵に手が届かない庶民には、密輸や不法移民といったアングラ活動による利益のほうが、身近に感じられるのでしょう。

近代日本の黎明期に生きた清水の次郎長が、弱きを助け強きをくじく民衆のヒーローとして、人気を集めたことにも通じるでしょうか。

[参照]
①CNNニュース
Drug kingpin 'El Chapo' wanted to make biopic; it helps lead to his recapture(January 9, 2016)
http://edition.cnn.com/2016/01/09/americas/el-chapo-captured-mexico/

②2014年2月のNBCニュース
'Free El Chapo': Mexicans March for Jailed Drug Lord(FEB 27 2014)
http://www.nbcnews.com/news/world/free-el-chapo-mexicans-march-jailed-drug-lord-n39961

あわせて読みたい

「メキシコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。