記事

通信販売、「ネット」と「テレビ」が人気 ECアプリは「商品の探しやすさ」がポイント

 株式会社エルテックスは12月4日~6日にかけて、通信販売に関する消費者調査を実施し、その結果を12月18日に発表した。回収したサンプル数は600。まず、通信販売で買い物をする場合に利用したことがあるものを複数選択で聞いたところ、AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場などの「インターネットの大規模モール」が61.2%で最も多かった。以下、「テレビの通販番組」(37.8%)、「通信販売のカタログ」(31.2%)、「インターネットの独自店舗(大規模モールにない店舗)」(29.5%)、「新聞の通販広告」(14.7%)の順となった。

 回答の傾向をみると、「インターネットの大規模モール」が昨年より2.6ポイント減少、「通信販売のカタログ」が同4.0ポイント減少する一方、「テレビの通販番組」が同2.8ポイント増加、「インターネットの独自店舗」と「新聞の通販広告」が同1.5ポイント増加した。テレビで長尺の通販CMが増えたことや、新聞で健康食品や機能性化粧品の広告が増えたことが影響していると同社では分析している。

 また、同じ回答者に通信販売で最もよく利用するものを1つだけ聞いたところ、最も多かったのは「インターネットの大規模モール」の47.0%で、前年の調査より0.3ポイント増加した。2位が「テレビの通販番組」の22.7%で同3.5ポイントの増加、3位が「通信販売のカタログ」の14.0%で同5.3ポイントの減少。4位は「新聞の通販広告」の3.5%で、上位の3つから大きく引き離されている。また、回答者の傾向をみると「テレビの通販番組」では男性、「通信販売のカタログ」では女性が多いなど偏りがあったものの、「インターネットの大規模モール」は年齢や性別で偏りがみられなかった。

 そんな中、株式会社ジャストシステムはECアプリ利用者の傾向を調査した。調査対象は20歳~49歳の男女553名で、調査期間は12月11日~14日。アンケートで直近1年以内にアプリコマースを利用した人に、どのようなECアプリを好むか複数回答で聞いたところ、「目的の商品を探しやすい」(52.4%)、「購入までの手順がシンプル」(40.7%)、「商品に関する情報が豊富」(38.6%)、「写真やコンテンツが充実している」(31.7%)が上位にランクインした。アプリの使いやすさを重視している人が多いようだ。

 インターネットを使った買い物が一般的になる中、ECサイトやECアプリに対するユーザーの見方も厳しくなっていくことが予想される。事業者にとっては、ユーザーが使いやすいサイトやアプリを構築できるかどうかがより重要になっていきそうだ。

【関連記事】
心の疲労回復に「般若心経」を取り入れた商品、 スマホアプリや読経入ろうそく、郷土料理など
若者に人気の「マンガアプリ」 ビジネスのカギは無料で囲い込み
リトルサイズの「おじさん」キャラクターが人気 アニメやゆるキャラ、ゲームアプリなど
「ゆで卵」作りに一役 専用卵やタイマーアプリ、キャラクターの顔型など
個人間のリユース市場、スマホアプリの登場で進化 企業提携で強みを融合する動きも

あわせて読みたい

「EC」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。