記事

アマゾン・タブレット発表を前にアマゾン・ドットコムがウェブサイト・リニューアル準備中

ウォールストリート・ジャーナルの伝えるところではアマゾン・ドットコムがホームページのデザインを大幅にリニューアルする準備を進めている模様です。

その意図はアマゾン・タブレットの発表を控えて、キーボードやマウスを使わなくてもラクラク操作できるようにするためです。

この新しいホームページを試した記者は以前よりスッキリしたデザインになっていると報告しています。

ボタンの数も少なく、サーチボックスが大きくなっています。

新しいサイトはオモチャ、洋服、その他の一般商品をこれまでより小さく取扱い、逆にデジタル・コンテンツを前面に出しています。

映画やTVドラマのストリーミングは近年かなり定着してきており、いずれDVDを駆逐するものと思われます。

そのトレンドに合わせてデジタル・コンテンツがいま熱くなっており、良質なデジタル・コンテンツの配給権を巡って各社の競争は激しくなっています。

最近の例ではこれまでネットフリックス(ティッカー:NFLX)にディズニーやソニー・ピクチャーズの比較的新しいコンテンツを提供してきたスターズ(リバティ・メディアの一部)がコンテンツ提供を止めると発表しています。

ネットフリックスは比較的新しいコンテンツが少ないため、今回の交渉決裂は痛かったです。

アマゾンの場合、映画コンテンツは月極めではなく、作品ごとに支払いします。またレンタル(=ストリーミングのこと。$2程度で2日間楽しめる)と買い切り(=10ドル程度の価格設定になっています)という風に価格設定がフレキシブルです。このためコンテンツのプロバイダーにとって「マージンを守れる」と感じる価格設定を打ち出すことが出来ます。

アマゾンのタブレットはアップルのiPadにとって最初の強力なライバルと言えます。アマゾンの強味はアマゾン・タブレットそのもので儲ける必要は無いという点です。同社はもともとグロスマージンが極めて薄い、薄利多売のビジネス・モデルなのでアマゾン・タブレットを「アップルのマージン・スポイラー」として使う事も出来ます。

アマゾンとアップルの今後のバトルに注目したいと思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。