記事

米賃金上昇の兆し、より広範に=サンフランシスコ連銀総裁

[サンタ・バーバラ(米カリフォルニア州) 8日 ロイター] - 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は8日、国内賃金の伸びは控えめ(modest)だが、このところ上昇の兆しが、より広範にみられるようになったとの認識を示した。

銀行関係団体の講演で述べた。総裁は、失業率の低下に伴って、賃金上昇率も3━3.5%まで高まると見通した。

昨年の原油安による景気押し上げ効果は、連邦準備理事会(FRB)が期待したほどでなかったと評価した。ただ今では、原油安がより長く続くと消費者が判断しており、一段の支出促進効果が表れる可能性もあるとした。

総裁は、FRBのバランスシート規模が、現在の4兆5000億ドルから約1兆5000億ドルに縮小するまで、5━6年かかる公算が大きいとの認識も示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。