記事

「ニューVW」を宣言 CESで汚名挽回をアピール 選んだパートナーは韓国LG - 土方細秩子

ディーゼル排気の不正問題で渦中にあるフォルクスワーゲン(VW)がCESで基調演説を行い、その中で近未来と中長期にわたるVWの車の方向性を示す2つのコンセプトモデルを発表した。

ニューVWの中身とは?

 演説を行ったのはVW乗用車部門CEOであるハーバート・ディエス氏。同氏は不正問題から「ニューVW」に生まれ変わる、と宣言、自動車を究極のモービルデバイスと位置づけ、改善されたバッテリーにより、車をクラウドと捉える、という考えを披露した。

 その究極のモービルデバイスとして、近い将来実現可能なコンセプトが「e-Golf Touch」と呼ばれる車だ。 

画像を見る
「e-Golf Touch」

 まず、EVであるためゼロ・エミッションで環境に優しい。このモデルは計器パネルを含めすべてデジタルデバイス化されている。センター部分には9.2インチモニターが設置され、ボタン類を一切排除、タッチパネル式のスクリーンはハンドジェスチャー、ボイスコマンドに対応する。

 さらにこの車はダッシュボード部分にワイヤレスの携帯電話チャージャーが組み込まれており、携帯を置くだけで充電が可能となっている。今年中にはワイヤレスでのスマホとスクリーンコネクトも実現する予定だという。

 e-Golf Touchが今年中にも実現する近い将来のVWのモデルである一方で、ディエス氏が「ネクスト・ビッグ・ステップ」と呼ぶのがBUDD-e(バディ)コンセプトだ。この車は1960年代に世界中で人気となったVWのフラッグシップ、「ミニバス」を未来によみがえらせるもの。ずばり、仲間と一緒、というのがアイデアの中心となっている。 
 

画像を見る
車内モニター

 バディは「長距離走行可能なEV」である。それを実現するために、電池をシャシー下部に平たく敷き詰めるデザインとなっている。四輪駆動でパワーも十分だ。

 仲間と一緒、を体現するのは後部座席横に設置された巨大スクリーン。このスクリーンでは複数のデバイスをコネクトできる。それぞれが持ち寄った音楽、写真、ビデオ、ナビ、旅の計画などを一度に設定し、ドライブの間楽しむことができるという。

 さらにこの車は「自分で考え、ドライバーの嗜好などを学び、理解する」AIのような特徴を持つ。一度入れられたコマンドを記憶し、次に車に乗るときに自動的にドライバーの好みに合わせて設定することが可能となる。
また、この車にはドアハンドルがない。ドアもボイスコマンドで開閉でき、運転席から「助手席のロック解除、開放」とコマンドすれば自動的にドアが開く。コックピットももちろんパネルのみだ。

パートナーに選んだLG

 モービルデバイスだから、スマートホームとも連携する。先にフォードがアマゾンとの提携を発表したが、VWがパートナーに選んだのは韓国LG社だ。スマホ、パソコンから家電製品一般を生産するLGはスマートホームの開発にも熱心だが、VWのバディはボイスコマンドによりLGのスマートホームネットワークと連携、例えば「冷蔵庫の中にビールの在庫はある?」というようなコマンドにもスマートホーム経由で車が答えてくれるという。

画像を見る
リチャード・キム氏

 会見にはLGのリチャード・キム氏が参加したが、「エコシステムとしてのスマートホームを考える。留守中に車からロボット掃除機で家の中をきれいに、というコマンドにも対応し、トータルでの節電、住環境の向上を目指す」という。

 またモービルデバイスに欠かせないのがドアロックシステムだが、これにはドア・バード社が連携。ドア・バード社はインターネットに対応するドアベルを生産する会社だ。これにより、車の中にいながら家に来客があった場合、ネットを通して来客の顔を確認し、インターフォンで対応できる。

 もうひとつ面白い機能は、バディの後部トランクの下部は引き出し式になっており、例えば不在で車が家に停めてある場合、宅配業者がデバイスを使ってこの引き出しを明け、荷物を車に収納することも可能だという。

 バディは2020年頃には実現可能なモデルとして現在開発が進められている。宅配ボックスになったり人々が集う場になったりスマートホームのコマンドセンターになったりと、遊び心がありながら夢の膨らむコンセプトと言える。

 ただし、VWにはこうしたコンセプトを進める前に解決すべき問題がある。ディエス氏も会見の最初と最後をディーゼル問題の謝罪に充てた。2016年はこの問題解決を何よりも優先し、そこからニューVWの前進がようやく始まる。

消費者に残る冷ややかな目

 米国ではクリーンディーゼル人気はそれほどではなく、今回の不正に関わった車は50万台程度だ。しかしクリーンディーゼルを積極的に推進していた欧州では対象車は850万台。現在欧州ではほぼすべての車への対応を開始しているが、米国では今後EPAやCARBと協議しながら解決策を推し進める必要がある。

 トヨタのプリウス加速問題、GMのイグニッション問題、ホンダのエアバッグ問題と、米国では自動車メーカーの問題が相次いだ。そのたびにメーカーに課される罰金は倍々に増えており、今回のディーゼル問題では天文学的数字になるのでは、との予測がある。さらに政府との補償問題を終えても米国では消費者による集団訴訟が待ち構えている。

 これまで「クリーンディーゼルは超低排気で燃費も良く環境問題に適した車」と主張していたメーカーが、突然「EVこそがニューVWの答え」と考えを変えたことに、米国ではまだ冷ややかな目もある。再生VWが消費者の信頼を勝ち取り、新しいモービルデバイスのリーダーになれるかどうかはまだ未知数だ。

あわせて読みたい

「フォルクス・ワーゲン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。