記事

パリの警察署で刃物男を射殺、「イスラム国」関連か

[パリ 7日 ロイター] - パリ北部の警察署で7日、刃物を持った男が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら侵入を図り、警官に射殺された。男は自爆ベルトのようなものを身に着けていたが、その後偽物と判明した。

7日は、パリにある風刺週刊紙「シャルリエブド」本社が襲撃され、計17人が殺害された事件からちょうど1年となる。

検察当局などによると、男は1995年生まれのモロッコ出身で、過激派組織「イスラム国」の旗と同組織によるとされるアラビア語の犯行声明を記した紙も所持していたという。

トビラ司法相は、男とイスラム過激主義との関連はこれまでのところ分かっていないと仏テレビ局に語った。

あわせて読みたい

「ISIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  3. 3

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  4. 4

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  5. 5

    ネギで風邪予防?医師がNHKに指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ルノーが統合要請 日産のお荷物

    舛添要一

  7. 7

    三浦瑠麗氏 米主導の秩序終わる

    文春オンライン

  8. 8

    中国の苦境 ソ連破綻と似た境遇

    ヒロ

  9. 9

    たけし ざんまいと前澤氏は同じ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日本海呼称 国連文書で確認済み

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。