記事

パリの警察署で刃物男を射殺、「イスラム国」関連か

[パリ 7日 ロイター] - パリ北部の警察署で7日、刃物を持った男が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら侵入を図り、警官に射殺された。男は自爆ベルトのようなものを身に着けていたが、その後偽物と判明した。

7日は、パリにある風刺週刊紙「シャルリエブド」本社が襲撃され、計17人が殺害された事件からちょうど1年となる。

検察当局などによると、男は1995年生まれのモロッコ出身で、過激派組織「イスラム国」の旗と同組織によるとされるアラビア語の犯行声明を記した紙も所持していたという。

トビラ司法相は、男とイスラム過激主義との関連はこれまでのところ分かっていないと仏テレビ局に語った。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  4. 4

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  5. 5

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  6. 6

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  10. 10

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。