記事

待ったなしの米債務問題 ようやく本気を出している議会

決定打となる新しい妥協案が動き出しています。

上院のミッチ・マコーネル議員(共和党)とチャック・シューマー議員(民主党)は相次いで「この妥協案で見とおしが明るくなったのでデフォルトだけは何とか回避できそうだ」という希望的コメントをテレビで発言しています。

なお現地7月31日午後にかねてから予定にのぼっていた上院案のクローチャー(審議打ち切り)投票が行われましたが、これは懸念された通り賛成50票しか集めることができず(必要数は60)、本投票へ進むことが出来ませんでした。

しかし冒頭に述べた新しい妥協案が既に水面下で動き始めているので現在の上院案は本投票に入る前に実質的に見捨てられたと考えて良いでしょう。

それではこの新しい妥協案とは一体、どういう内容なのでしょうか?

いまわかっている事は新しい妥協案は2段階、合計3兆ドルの財政赤字圧縮を盛り込んだものだということです。
第一段階としてまず当面の債務上限を今年の年末まで国家予算が続く金額だけ引き上げます。それと同時に政府支出を1兆ドル削減します。

第二段階では来年分の債務上限引き上げに際し、更に2兆ドルの追加的支出削減を目指します。これを実現するために超党派の特別諮問委員会を設置します。

若し第二段階で2兆ドルの追加的支出削減をめぐる話し合いが不調の場合、当面の財政支出を自動的に絞り込むメカニズムを組み込みます。

この自動的支出絞り込みメカニズムがこれがこれまで反対に回っていた議員達を懐柔する切り札というわけです。

この新しい妥協案に増税を盛り込むのか、盛り込まないのか?に関してはまだ揉めており、意見の一致は無いそうです。

<残り時間>1日と18時間

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。