記事

なぜ日本はアフリカで中国に勝てないのか? ルワンダの夜明けパート③ - 中村繁夫

パート①とパート②は、ルワンダの紛争鉱物について書いた。同時に欧州の宗主国がアフリカを植民地として搾取する構造についても深掘りしたつもりだ。ではこの20年間、積極的にアフリカ進出をしている中国はどのような戦略と考え方でアフリカ進出しているのだろうか? このパート③では、中国のアフリカ進出と日本のあるべきアフリカ外交についても現場情報から分析してみたい。

なぜ日本はアフリカ貿易で中国に先を越されるのか?

画像を見る
チャーター機の前で(コンゴ・カタンガ州)

 去年、当社のアフリカ貿易が飛躍的に伸びてきたので、需要家にアフリカの最新情報を報告する機会が増えた。質疑応答の時間に「なぜ日本はアフリカ貿易で中国に先を越されるのか」、「アフリカで中国に負け続ける日本がどうすれば良いのか?」といった質問をしてくる日本人が増えている。少し前までなら良い質問なのだが、今となってはマスコミの誤った情報を真に受けているようなケースが少なくないので返答に困っている。

 率直にいえば今の日本にはアフリカに貢献できるような大型予算も無ければ民間企業も「石橋を叩く」ばかりで開発力と実行力が無いために中国と比較することは無意味であることが分かってないのである。

 欧米の論調にしても、今や日本人はいつまでも昔の「Japan as No.1」を本気で信じているのは滑稽だ。と率直に言ってくれる友人も増えてきている。日本に力が無くなっているのは我々日本人が一番知っているはずなのに、事実を認めたくないのか「そんなはずはない」と思っている経済人が多い。

 昨年12月にアフリカを回って思ったことは「中国はアフリカでよく頑張っている」という事実である。商社マンを長くやっていると身の程知らずな意見を言っても、誰も相手にしてくれないことを熟知している。従って、日本がアフリカ市場で中国と同じ行動パターンをとるのは明らかに間違った認識であることを言っておきたい。

 政治家も経済人もアフリカに対してこれまでも綺麗ごとや、外交辞令は度々口にするが正直に言えば「おためこがし」の口先だけのボランティアをしているに過ぎない。

「羹に懲りて膾を吹く」日本のアフリカ進出

 1960年代のコンゴ民主共和国(DRC)カタンガ州での日鉱金属(現JXグループ)の銅鉱山開発の失敗が日本人のアフリカ開発のトラウマになった。「羹に懲りて膾を吹く」ということわざがある。以前の失敗に懲りて度を越して用心深くなるということである。日本の産業界はアフリカといえば悪いイメージしか持っていない。

 シャバ紛争が起こって日鉱金属はDRCから退却した歴史は日本の非鉄業界にとって痛恨の経験であった。高度経済成長時代にせっかくDRCに投資した約600億円(今でいえば軽く6000億円以上)がパーになってしまった。日鉱金属の岡田昌徳前会長にDRCの話題をすると「中村さん、コンゴの話だけは勘弁してくれ。せめてもの慰めは一人も死者を出さずになんとか全員が帰国できたことだ」と答えられた。岡田前会長にとってみると、アフリカ開発には余程辛い思い出があったのだろう。

アフリカを舐めていた訳ではなかったが

 暗黒大陸アフリカは飢餓の大陸であり、独裁政治の暴力国家が多く、マラリアや疫病の巣窟だと普通の日本人は思っている。南米のチリやペルーには銅鉱山に多額の投融資をしてきたが、アフリカだけは例外だったようである。あまりにも文化が違いすぎるし、あれだけ勢いに乗っていた日本企業もアフリカ市場だけは二重三重の障壁に阻まれたのだ。今から思えば当時の日本企業は経験不足のために歯が立たなかったのかも知れない。

 JICA(国際協力機構)やJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)は地質調査にDRC(コンゴ民主共和国)やアフリカの周辺国家に行くが、非鉄企業が果敢に鉱山開発のためにアフリカに投融資した話は聞いたことがない。学術的な資源調査と馬の目を抜くようなビジネスの「騙しの現場」とは大違いなのである。その意味でも現場主義の日本人がいなくなってしまったのでアフリカ開発の難易度は更に高まっているのだ。日本人には突破力が無くなってしまったのだろうか?

日本人は引きこもり
中国人はアフリカへ出しゃばりだした

画像を見る
中国企業による建設現場(エチオピア・アジスアベバ)

 日本的な経営手法は「手堅く、技術力を生かして正攻法で真面目」にやれば、最後には成功すると真剣に考えている経営者が大半だ。貿易立国日本は、商社マンが先兵となりアフリカでも南米でも中東でも、どこへでも飛び出していった。バブル景気の時には調子に乗っていた日本人も、その後の失われた20年にはすっかり自信を無くしたようだ。「石橋を叩いて渡る」のが手堅い経営だという内向きの守り一辺倒の経営手法が日本的美徳だと信じる人が大多数になった。なかでもアフリカ市場は「石橋を叩いても叩き過ぎることはない」とのコンセンサスが出来上がっているためにアフリカ市場における日本人の「成功体験」は皆無といっても過言ではない。

 一方の中国はまったく逆の発想でアフリカ進出に力を入れ出したのである。実は日本は中国に対する政府間援助(ODA)で1979年から2013年までの間に3兆円以上の資金協力を行ったが、一方の中国はそれ以上の資金援助をアフリカにしている。私に言わせれば、日本は中国に対して長年にわたって「政治的死に金」を使い、中国はアフリカ諸国に対して「政治的生き金」を使っただけの話である。

 日本政府は国連安保理の常任国入りを目指しているというが、常任理事国の中国が反対すれば実現しない訳で、率直に云えば勝てないゲームに時間を掛けるのは無駄と思うのは私だけだろうか?

ジブチ共和国の中国の軍事基地には
中国人が殺到している

画像を見る
どこにでもある中華料理屋(コンゴ・ルムンバシ)

 アフリカに来る中国の若者は仕事を探しにきているような労働者タイプが多い。今回もアディスアベバからジブチに行く飛行機の隣に座っていた30歳前後の中国の若者に「何しに来ているの?」と聞いたら、今回ジブチに来るのは初めてで「北京の会社からマネージャーとして派遣されてきた」と言っていた。

 帰る予定も聞かされていないし、給料が良いから来たとだけしか、言わないのだ。完全に仕事モードで不安も無ければ期待もしていない雰囲気である。兎も角、ジブチ行きの機内には中国人の乗客が多くてジブチに押し寄せているとも聞いた。アメリカやフランスや日本もジブチに小さな軍事基地を置いているが中国はその数倍もの軍事基地の建設に乗り出していると聞いた。

 ジブチ共和国の人口は90万人しかいない小国であるが、その地政学的な価値は計り知れない。ソマリア海賊の退治という名目で中国は軍事拠点を設ける事をジブチ政府と合意した。今やジブチ国内ではジブチのGDPを超える規模の建設をどんどん始めている。中国人労働者の投入数は正確には統計がないが、今は数万人でも、その内にジブチの人口の1割とか2割になるのは時間の問題であろう。

 米国の定員が3000人のところを4500人の海兵隊がいる。日本の自衛隊の駐在員数は570名(洋上隊を含む)のようだが中国人の数は直ぐに10万人単位になると予見する。ジブチという抜群の軍事拠点は将来のアフリカでの軍事力拡大の橋頭保になると予想される。中国が常に戦略的にアフリカ開発を実行している好例である。

日本の政界にもアフリカを愛してやまない国士がいる

 さて、昨年の12月5日から22日まで日本アフリカ友好議員連盟の三原朝彦ミッションに合流してアフリカ諸国を歴訪する機会に恵まれた。三原朝彦団長と山際大志郎副団長は心からアフリカを愛し同時に日本の経済界にも資する発想と支援体制を構築するために毎年アフリカ諸国を訪問している。三原アフリカミッションの毎日の予定は殺人的な過密スケジュールであった。今回はジブチが最初の訪問国だが、政府高官はもとより、自衛隊員への激励会、エネルギー大臣、ODEGG総裁との会食会議、国民議会議長への表敬訪問、アッサル湖サイト訪問、青年海外協力隊とジブチ在留民間企業との意見交換会と目白押しなのである。それだけの日程をこなしても中国のアフリカに対する行動に比べるとまだまだなすべきことは多いとの意見だ。

画像を見る

 三原団長の意見によると、中国の要人がかなりの頻度でアフリカ訪問を繰り返しているが、日本政府はアフリカ外交にもっと関心を持って推進するべきだと強調されている。

 中国はアジアの代表国日本のアフリカ支援を基礎にしてアフリカに乗り込み上手にアフリカの支持を取り込んだという見方もないではない。だが、本当のところをいえば、中国は50年前からアフリカへの援助は行っている。ある外交官は言う。「日本の外務省はアフリカ人が日本に来ても、予算がなくて接待もできない。中国は大接待をするからそんなつまらないことで日本はけち臭いといわれる」と。日本の外交官は認めたくはないだろうが中国政府はアフリカ諸国に対して日本よりも余程努力をしてきているのが事実である。欧米のマスコミも日本の報道機関もなぜ中国のアフリカ支援を過小評価するのかが私には疑問である。

新しい日本の若者たちがアフリカに賭ける心意気

 日本の企業はアフリカにリスクをかける気はないし、本格的に開発するには、まだまだ時間がかかるだろう。一方、アフリカに挑戦したい若者が意外に多いことが今回のミッションへの参加で分かった。海外青年協力隊の若者は当初はアフリカに来た理由を聞いてみると、電車の中の中吊りを見て軽いノリでアフリカにやってきたと云っていた。初めはそれ程の志を持ってアフリカにやってきた訳ではないのだが2年ないし3年間のアフリカ滞在中に考えが変わってくるというのだ。

画像を見る
青年海外協力隊の皆さんと筆者(ジプチの日本大使館公邸)

 今回のエチオピアやジブチやルワンダで会った協力隊の若者たちはそれなりにボランティアをやりながら自分も挑戦したい気持ちになってくるようだ。私自身も23歳の頃に2年間の海外でのバックパッカーの生活が自分の考え方を変えたようにJICAの海外青年協力隊の経験は今の日本の若者たちにとっての自己改造のツールになっているのかもしれない。一方、意外な事にエチオピアなんかでは圧倒的に女性隊員が多いのに驚いた。男子の隊員が少ないのは偶然だったのかもしれないが若い日本の女性の迫力は相当のものであった。昔のバックパッカー崩れの「何でも見てやろう」みたいなタイプは今は流行らないらしいが数年たって帰国する頃にはチャレンジ精神の強い若者になってアフリカと日本の架け橋になってくれることを期待した次第である。

日本の若いアントラプルナー(起業家)も
ルワンダを目指す

 一方、在ルワンダ日本大使館の主催で鉱業セミナーの後に三原団長とともに、ルワンダで事業を始めている若手の起業家を囲んだ夕食会に参加させてもらった。参加した日本人の若手の起業家はITビジネスや食品ビジネス、レストラン経営、教育ビジネスなど多様性のある挑戦をしていた。古い世代が「羹に懲りて膾を吹く」あいだに日本人の起業家がアフリカを目指しているのだ。日本の大手企業は自己保身が先に立ち「石橋を叩く」が若者たちは自由な発想で新事業に着手しているのだ。

 聞くところによるとルワンダはアフリカの中で最もビジネスチャンスの多い市場であり多くのディアスポラ(離散者)が故国に帰国してビジネスを成功しており、アフリカでは成功率が最も高いという事である。彼らからの情報ではルワンダがアフリカの中で最も起業しやすい国のNo.1になっているとの事だった。多分、政府のインセンティブも後押しをしているに違いない。

私の結論はこうだ

画像を見る
兵士と筆者(ルワンダ・キガリ)

 今回のルワンダにおける鉱業セミナーではかなりの手ごたえを感じた。これまで、欧米も中国もルワンダやDRCコンゴの鉱山経営者たちとのセミナーは実行したことがないので、日本(AMJ)の鉱業セミナーは大変に勉強になったとの反響があったからだ。ルワンダでは手掘りの鉱山も多く、中小企業の鉱山主が採掘権を政府から得て少量のコンフリクトミネラル(紛争鉱物)を選鉱しているに過ぎない。コンプトワールという仲買人に販売して資金力のある欧米系の輸出業者が買い占めるという構造になっている為にルワンダ人の産業資本は資金不足でいつまで経っても利益が蓄積できないのだ。ルワンダに必要な事は流通革命である。

 産業インフラや物流インフラの整備もこれからである。日本企業が協力するべき部分は支援の出し惜しみをせず、一気通貫で合理的な流通経路を整備してあげる事である。セミナー終了後に簡単な立食パーティーを行ったが、今回招待した経営者が一様に期待しているのはつなぎ資金の供与である。ルワンダは他のアフリカ諸国と比べるとビジネス環境は整っている方だが、残念ながら金融資本の合理的運営にはまだ時間がかかっているようだ。要するに制度金融が整備されていないので起業家が育たないのだ。日本政府の制度金融や信用保険制度を利用すればこの問題はブレークスルー出来ると直感している。日本の若い起業家に負けないで、われわれ民間企業も知恵を使って合理的にアフリカ開発を推進する方法は幾らでもあると思う。

「ABEイニシアティブ」とは何だ?

 鉱業セミナーと夕食会の席上で三原団長から、日本型の支援制度である「安倍イニシアティブ」の話題が紹介された。「安倍イニティアティブ」とは2013年の第5回アフリカ開発会議(TICADV)で「アフリカの若者のための産業人材育成制度」のことである。JICAを通じて5年間で1000人のアフリカの若者を日本の大学や大学院の教育の機会を与え、更に日本企業のインターンシップの機会を提供するものである。2014年9月からすでに始まっている制度で昨年のルワンダ大使館主催のパーティーでもIT系の研究生が来日していたので着実に効果は上がっていると思っている。

 なにも日本人が中国人と対抗心を燃やす必要はない。日本は日本流の交流を進めて行けば良いのである。別の見方をすれば、中国と日本がタッグチームを組んで一緒にアフリカ支援をすれば更に効果は上がるのではないかと考えている。日本は日本の良いところを発揮し、中国は中国の得意分野を生かして行けばよいだけの話なのである。

あわせて読みたい

「アフリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。