記事

慰安婦問題はここからが大切!

「ともに笑う あなたと!」

こんばんは。宮川典子です。
昨日はまるまる地元の日、今日は国会でギッシリスケジュール。
国会の始まりはいつもこんな感じです。
今は議員会館で一日のまとめをしていますが、もう少ししたら山梨へ帰ります。
嵐の前の静けさ、といった気分です。

さて、今日は今年初の外交部会が行われました。
「外交・経済連携本部」と「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」も加わっての合同会議となりました。
議題は、年末の日韓外相会談についてでした。


部会で私が申し上げた意見は以下の通りです。

①文書を交わしていないことには大いに問題があるが、まずは韓国側が出したといわれる英語版のペーパーを早急に入手し、その内容を厳しく精査するべきである。

元英語教師としては、英語のペーパーの曖昧さやその表現の裏側にある意図などがとても気になります。
単語の配置、カンマの打ち方などによってもその意味合いは変わってきてしまう場合があります。
外務省にさっそくのペーパー入手をお願いしたのにはそんな不安感があるからです。

②「最終的かつ不可逆的に解決する」「今後議論しない」というのであれば、韓国がこれまで行ってきた反日教育に関しても改めるよう、文部科学省と連携をして日韓ともに教育分野での正しい史実の拡大を図るべきである。

韓国が国家高揚のために反日教育をしていることは、数年前に私自身がこの目で確かめてきたところです。
その巧妙に構築されたシステムには、感嘆すら覚えました。
だからこそ、それを野放しにしてはならない。
互いに正しい史実だけを伝え、日韓両国の子供たちが新たな歴史を紡いでいくための道筋を私たちがしっかりつくっていかなかればならないと思います。
政治的解決はあくまでも一面的であって、日韓の国民全体が今回の会談の内容をしっかり受け止め、未来へつなげていく責任をもっていると私は考えます。

皆様のお気持ちの中にも、おそらくさまざまな想いが交錯していることと思います。
しかし、あの会談が前向きな一歩であったことは間違いのないことだと私は確信しています。

大切なのは、ここからなのです。
ここからの正念場で弱腰になってはならず、理路整然と、正々堂々と、誤りを正す姿勢を貫くべきです。
スタートラインに立ったばかりなんだということを認識し、私も引き続きこの問題に取り組んでいきます。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。