記事

1月6日(水)ムネオ日記

読売新聞4面トップに「衆院選改革 7増13減案 自民に異論『地方の声届かなくなる』野党対応ばらつき」と言う見出し記事がある。

記事によると衆議院議長の諮問機関「衆議院選挙制度に関する調査会」が昨年12月にまとめた7増13減の答申原案に対して自民党内で反対の声があるとのことである。

大島衆院議長は昨日、自民党の谷垣幹事長、細田幹事長代行を議長公邸に呼び選挙制度に関する調査会の答申を尊重するように話したばかりである。

よく「地方の声が届かなくなる」と言うが、選挙区の有権者に付託を受けて出てきた政治家の資質の問題が一番である。

一票の公平性から大都会から数多くの政治家が出ているが、これまでの日本の歴史で東京・大阪からいか程、歴史にその名を連ねている政治家が出て来たであろうか。

今も昔も地方から出ている政治家が圧倒的に歴史を作り政治のプレーヤーになっている。

将来あると目される今の政治家も地方選出の政治家が多い。

要は「俺が政治家だ。国家国民の奉仕者として選挙区、日本をこうする」と言った志・気概のある政治家を選ぶことである。一票の重さは都会も地方も五分である。

かつて田中角栄先生は「新潟の国会議員は俺一人で十分だ」、私の師匠であった中川一郎先生も「北海道は俺一人で面倒見る。他に国会議員はいらん」と豪語したものである。

今、こうした心を持って政治と向き合っている政治家が何人いるだろうか。この点、「地方の声が届かなくなる」という反対理由は政治家失格ではないかと思うものである。

北朝鮮が水爆実験したと発表している。当初、「北朝鮮が核実験をしたもよう」というスーパー字幕が流れ、核の小型化が現実的に進んだのかと受け止めたが、水爆実験となると米国もそれほどまでの緊張感を持つことはないだろう。

中東でサウジアラビアとイランが対立し、この両国も核を持つ能力を持っている。更に北朝鮮が実用化に向けて進んでいくことになると今年の世界情勢は大変なことになると心配だ。

あわせて読みたい

「地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。