記事

インターネットにおける「個人ブランド」とは何か?

【個人ブランド=a set of expectations】

インターネットにおける「個人ブランド」とは、僕の考えではa set of expectationsの事だと思います。

有益な情報を発する個人に対しネット・コミュニティが抱くのは「あの人のTweetを見れば、これがわかるだろう」とか「あの人のblogを読めばこの問題については詳しい筈だ」というような期待です。

つまりa set of expectationとは「あそこへ行けばハズレなく自分の求めている情報が手に入る」という信頼関係に他ならないのです。


【グーグルはなぜ属人的なフィルターに回帰したか?】

グーグルはFacebookが台頭してきたとき、長い間、その脅威を無視してきました。

しかし最近になって「情報というものは、人に帰属するのだ。だから人を知らなければ情報を整理することはできない」(Bradley Horowitz=グーグルの幹部)ということを認めました。言い換えれば属人的なフィルターがサーチのrelevanceに欠かせないという事に気がついたわけです。

グーグル・プラス・プロジェクトはそのような反省から同社の弱点を矯正しようとする試みに他ならないのです。


【組織から個人へ】

「あそこへ行けばハズレなく自分の求めている情報が手に入る」という信頼関係は昔は組織が体現していました。

たとえばニュースならニューヨーク・タイムズ、消費者調査ではJDパワー、医学ならランセットといった具合です。

しかし今日では個人でも上記のような信頼されているブランドと同じ高いエクスペクテーションを読者から受けることが出来るようになっています。

だから個人ブランドの確立とはいかに目立とうとするかとか露出とかとは無縁です。こつこつ自分の興味分野についての研究を積み上げ、その道の達人になるという事です。

その興味分野は別に難しい分野である必要はありません。

自分がコスプレに興味があればコスプレについて博識を極めれば良いのだし、猟奇小説に凝っているのであればそれを追求すれば良いだけです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。