記事

上海外為市場=人民元、オフショア・オンショアで4年超ぶり安値

[上海 4日 ロイター] - 年明け4日の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落し、オンショア取引で2011年4月以来の安値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の対ドル基準値を4年半超ぶりの元安水準に設定したことを反映した。

オフショア取引でも、序盤で11年9月以来の安値を付けた。

財新/マークイットが同日発表した15年12月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)確報値が10カ月連続で50を下回り、前月からさらに低下したことから、16年に中国経済の足元がより安定するとの期待が弱まり、投資家心理の一層の低下を招いた。

上海の外資系銀行でオンショア取引を手掛けるトレーダーは「(1ドル=)6.51元近辺の狭いレンジで取引された。一部でまだ続いている休暇の旅行のため、ドル需要が強かった」と説明した。

人民銀は4日から外為取引時間を現地時間午後4時半から午後11時半(1530GMT)まで延長する。ただ、この動きが直ちに元相場に影響することはない見通し。

取引開始前、人民銀は人民元の対ドル基準値<CNY=SAEC>を1ドル=6.5032元に設定。11年5月以来の元安水準で、前営業日(6.4936元)比0.15%元安。

スポット(直物)取引の人民元相場<CNY=CFXS>は6.5120元で寄り付き、正午ごろ時点では前営業日終値より0.25%元安水準の6.5096元で推移した。序盤には日中安値の6.5140元を付けた。

オフショア取引<CNH=D3>ではオンショア比1.56%元安水準の6.6125元で取引され、先週付けたほぼ5年ぶりの安値に近づいた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。