記事

米テキサス州、145年ぶりに拳銃の「オープンキャリー」が合法に

[サンアントニオ 31日 ロイター] - 米テキサス州で1月1日から、145年ぶりに公共の場で他人に見える形での拳銃の携帯(オープンキャリー)が認められる。当局が義務付ける安全な取り扱いに関するコースを修了し、所持許可証を保有する100万人近くの人が拳銃のオープンキャリーができるようになる。

一方、この法律は、企業や施設の所有者がオープンキャリーを禁止することも認めている。

州内にある多くの企業は、人目に触れないように拳銃を携帯することは引き続き認めるが、オープンキャリーは認めない方針という。スーパーマーケット大手のH─E─Bグローサリーは、大っぴらに拳銃を携帯している人と一緒に店内にいるのは居心地が悪いという多くの買い物客の声を受け、オープンキャリーを禁止する。

あわせて読みたい

「銃規制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  2. 2

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  3. 3

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  5. 5

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    駐韓米軍が一部撤退も 負担巡り

    ロイター

  7. 7

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  8. 8

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    悪質キャンセル逮捕が与える影響

    東龍

  10. 10

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。