記事

米テキサス州、145年ぶりに拳銃の「オープンキャリー」が合法に

[サンアントニオ 31日 ロイター] - 米テキサス州で1月1日から、145年ぶりに公共の場で他人に見える形での拳銃の携帯(オープンキャリー)が認められる。当局が義務付ける安全な取り扱いに関するコースを修了し、所持許可証を保有する100万人近くの人が拳銃のオープンキャリーができるようになる。

一方、この法律は、企業や施設の所有者がオープンキャリーを禁止することも認めている。

州内にある多くの企業は、人目に触れないように拳銃を携帯することは引き続き認めるが、オープンキャリーは認めない方針という。スーパーマーケット大手のH─E─Bグローサリーは、大っぴらに拳銃を携帯している人と一緒に店内にいるのは居心地が悪いという多くの買い物客の声を受け、オープンキャリーを禁止する。

あわせて読みたい

「銃規制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。