記事

米テキサス州、145年ぶりに拳銃の「オープンキャリー」が合法に

[サンアントニオ 31日 ロイター] - 米テキサス州で1月1日から、145年ぶりに公共の場で他人に見える形での拳銃の携帯(オープンキャリー)が認められる。当局が義務付ける安全な取り扱いに関するコースを修了し、所持許可証を保有する100万人近くの人が拳銃のオープンキャリーができるようになる。

一方、この法律は、企業や施設の所有者がオープンキャリーを禁止することも認めている。

州内にある多くの企業は、人目に触れないように拳銃を携帯することは引き続き認めるが、オープンキャリーは認めない方針という。スーパーマーケット大手のH─E─Bグローサリーは、大っぴらに拳銃を携帯している人と一緒に店内にいるのは居心地が悪いという多くの買い物客の声を受け、オープンキャリーを禁止する。

あわせて読みたい

「銃規制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。