記事

権力になびく世の中と戦う

スペシャル本のシナリオを一本完成させ、眼鏡を買いに
行って、夜景を見ながらステーキを食い、あとは黙々と
本を読んでいる。

家族がいない者にとっては、正月って実に退屈だ。
一年中、3食作らねばならぬ妻の家事の負担を、正月くらい
なくしてやらねばならぬからホテルに泊まるが、なにしろ
ホテルには自宅にある膨大な本がない。

姿勢の崩れない仕事用の机と椅子もなく、必要な本を選ぶ
書棚もなく、気分の向くDVDを見て寝ることもできない。

子供や親戚がいて、正月気分というものが味わえるのだろう。
小林家の古い家族アルバムの中に、父が獅子舞の中から
顔を出して笑っていて、その前で幼児のわしが泣いていた
写真があった。
昔は正月に獅子舞がやってきたりしたのだが、そんな風習は
よほど田舎に行かなければ残ってないだろう。

獅子舞が来る正月から、都心の高級ホテルで読書に耽る
正月へ、時代は目くるめく激変したが、豊かさは昔の方が
あったのかもしれない。

だが、実は懐かしんでもいない。
個人主義で戦うことを選んだのだから。

今年は「朝ナマ」の企みのせいで、権力に対する闘争心が
燃え盛ってむずむずしている。
権力になびく連中ばかりのこの国で、わしくらいは
戦わねば全体主義が完成する。
今年も面白そうじゃないか。

あわせて読みたい

「朝まで生テレビ!」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  6. 6

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  7. 7

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  8. 8

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。