記事

「1月効果」で上昇の可能性=今週の米株式市場

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 1月4日から始まる週の米国株式市場は、12月に税金対策で売られた反動による「1月効果」で上昇する可能性があるとみられている。

キンブル・チャーティング・ソリューションズの市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏によると、S&P総合500種<.SPX>採用企業のうち301社が12月30日までに52週高値を10%以上下回った。また175社は少なくとも20%下回った。

一方で、フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ネットフリックス<NFLX.O>、アルファベット(グーグル<GOOGL.O>の親会社)の頭文字を取って「FANG」と称される銘柄が上昇を主導し、全体相場は2015年をほぼ横ばいで終えた。

これらの銘柄はすべて、15年に少なくとも35%上昇した。

米株式市場はほぼ横ばいで15年を締めくくったものの、1年を通じて値動きの荒い展開が続いた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のデータによると、S&P総合500種が日々の値動きで上下方向に少なくとも1%を記録した回数は72回と11年以降で最も多かった。

4日からの週には多くの投資家が休暇から戻り、経済指標の発表も増える。

米連邦準備理事会(FRB)の利上げ開始時期を探る上で注目されてきた雇用統計も8日に発表されるが、12月の利上げ決定とその後の利上げペースを緩やかにするとのFRBの方針を受け、同指標による株式市場への影響は限定的とみられている。

ウェルズ・ファーゴのシニア株式ストラテジスト、スコット・レン氏は「FRBは慎重になる必要があることを認識しており、そうするだろう」と指摘した。

このほか、5日には米自動車販売、6日にはオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)の全米雇用報告、米貿易収支などが発表される。また6日は、12月15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨も発表される。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  6. 6

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  7. 7

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。