記事

100万円超「旅費」 12回の「?」/馳文科相 遠藤五輪相 計2000万円ナリ/原資は国民の税金なのに

13-14年 検証 政治とカネ

 自民党の馳浩文部科学相と、遠藤利明五輪担当相が、1回あたり100万円を超す「旅費交通費」を2013年と14年の2年間で、計12回、2000万円以上も受け取っていたことが、本紙の調べでわかりました。原資は国民の税金である政党助成金で、あまりにも高額な使い方に疑問の声があがっています。(藤沢忠明)

 自民党の政治資金収支報告書と、政党交付金使途等報告書によると、「組織活動費」の項目で、「遊説及び旅費交通費」という支出があります。

 1回につき、「8万570円」とか、「6万7340円」といった支出がほとんどですが、100万円を超す支出もみられます。

閣僚の名

 石破茂地方創生担当相170万2670円(14年5月12日)、萩生田光一官房副長官183万8350円(同年7月1日)、森山裕農水相165万5270円(同7日)などがありますが、回数が突出しているのが、馳、遠藤の両氏です。

 馳氏の場合、13年は12月9日に203万3110円など計4回、14年は7月1日に183万8350円など、計3回で、あわせて1347万530円の支出を受け取っていました。このうち、2月4日は、350万円、190万2550円、37万2138円と3回も受け取っています。

 遠藤氏には、13年に2回、14年に3回の計5回で、あわせて706万6400円の支出がありました。

 馳氏は、この間、13年3月から10月までは、自民党の「2020年オリンピック・パラリンピック東京招致推進本部長」、同年10月から14年9月までは、「同実施本部長」、14年9月から15年10月までは、「広報本部長」を務めていました。また遠藤氏は、13年に自民党教育再生実行本部長に就任しています。

説明責任

 しかし、1回の「遊説及び旅費交通費」とは、いったい、どんなものなのか―。原資は国民の税金であり、どういう使い方をしたのか、説明責任があるのでは―。

 馳氏の事務所は、本紙の問い合わせに「自民党本部の経理局が、この問題を担当している」と回答。同党経理局は「政党機関紙の質問には、答えていません」としました。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。