記事

同居の恋人間DV保護命令が443件

恋人間に保護命令440件  

2014年施行の改正ドメスティックバイオレンス(DV)防止法で保護の対象となった、同居している恋人間の暴力について、被害の申し立てを受けた全国の裁判所が15年10月末までに計443件の保護命令を発令したことが2日、最高裁の集計で分かった。

 改正法施行から3日で2年。「デートDV」と呼ばれる未婚の恋人間の暴力から被害者を守る“盾”として保護命令が一定程度、定着してきた。一方で、高校生など、相手と同居していない被害者は今も保護対象外で危険にさらされており、早急な対策が必要だ。

同居の恋人という関係でのDVがデートDVと称せられるのは、日本語としても奇妙であって、本来のデートDVというのは記事の後半で置き去りにされていると指摘されているものである。

なかなか理解されにくいが、ストーカーを思い浮かべれば、恋人間でも暴力と心理的圧迫により支配関係が成立しうるのは分かるはずだ。

それはともかく、事実婚にも至らない同居の恋人関係に保護命令の申立て可能性が広がった改正について、上記の事実はその必要性を裏付けたものといえる。

ちなみに443件というのがどれくらいの期間なのかが明らかでないのだが、多めに見積もって二年とすると、年間約220件。他方、保護命令の発令件数自体は2014年に約2500件であるから、一割未満を占めていることになる。

早期に保護命令発令ということになるのは悪いことではない。しかし問題は、そのフォローが付いてくるのかという点で、被害者の生活再建も重要でお金が必要である。そして加害者の矯正も、新たな被害者を出さないためにも必要なのである。

あわせて読みたい

「デートDV」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。