記事

再び、選挙対策実務へ

 大晦日となりました。
読者の皆さん、今年も一年間、お世話になりました。心から御礼申し上げます。

 今年最後の12月22日開催の常任幹事会で、改めて総合選挙対策本部副事務総長を拝命した。
去る12月10日に岡田代表から電話があり、NC環境大臣・原発担当大臣はじめ予算委員などの役職を下りることを指示された。
代表からは、「ズバリ、馬淵さん、あなたには選挙をやってもらいたい!」だった。

 今年1月18日、臨時党大会で岡田新代表が誕生となり、選挙対策委員長の任を解かれた。以来、政策部門でNC環境大臣・原発担当大臣、予算委員会と環境委員会、そして原子力問題特別委員会の現場で、政権交代前の野党以来の国会論戦を主戦場とすることになった。
しかし、年の瀬に11ヶ月ぶりに選挙実務に専念せよ、とのお達しだ。

 来年は参院選。そしてダブル選挙も噂される中、選挙の対策は急務であり、望むところだ。

 さて、来年の参院選は6月23日告示、7月10日投開票が確定的だ。
そこで、衆院の解散総選挙が参院とダブルで行われるのではないか、と言われている。
確かにその準備は必要だが、私はその可能性は、現時点では3割程度ではないかとみる。
その一つの要因となるのは、定数削減問題だ。

 昨年の総選挙でも、定数削減は国民の間でも関心が高く、大きなイシューとして国会議員に対する厳しい批判の的になっていた。 従って、定数削減問題をどう決着させるかも、重要な要素となる。
総合選対副事務総長として、選挙対策を考える上で選挙のタイミングをいつと定めるかは極めて重要だ。

 さらに重要なのは、参院選の前哨戦となる4月24日に行われる衆院北海道5区の補選だ。ここで、どのような戦いに持ち込めるかで、与野党のイシューセッティングが見えてくるだろう。
まずは、年明け早々に、北海道入りから、総合選対実務がスタートする。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。