記事

“米国版ホリエモン” マーティン・シャリの素性とは 逮捕劇には“政府の陰謀”説も… - 土方細秩子

米で12月17日にFBIにより証券取引詐欺の疑いで逮捕された、マーティン・シャリ容疑者が話題の的だ。32歳という若さでヘッジファンド運営から3つの製薬会社を買収、CEOに収まるなど、3年前にはフォーブス誌による「30歳以下の金融業界の成功者30人」に挙げられた有名人だったからだ。

[画像をブログで見る]
逮捕・連行されるマーティン・シャリ容疑者(中央) Getty Images

“金融界の若きエース”の素性とは

 逮捕容疑はシャリ容疑者が2009年に創設したMSMBというヘッジファンド会社をめぐるもの。それによると同容疑者は「投資家をミスリードし、自らの損失穴埋めのためにファンドを売りつけた」という。

 しかしこの逮捕劇をめぐっては、業界筋からも疑問が寄せられている。ヘッジファンドは言葉巧みに売り込むのが商売であり、その中で「詐欺を働いた」のと「事実を大げさに吹聴した」の差は線引きが困難だ。ヘッジファンド詐欺は実は口実で、本当の逮捕理由は別のところにある、というのが本人の主張だ。

 マーティン・シャリとは何者なのか。1983年、ニューヨークで貧しいアルバニア・クロアチア移民の息子として生まれる。高校に進学したが出席日数不足のため放校となった。しかし大学進学に必要な単位はすべて取っており、17歳にしてウォールストリートのヘッジファンド会社、クレーマー社にインターンとして入社。そこで主に製薬会社の株価暴落を予想するなど、才能を発揮した。

 大学に進学し、ヘッジファンドで働きながら卒業、2006年に自らの会社を設立。その後2009年に設立したMSMBは製薬業界への投資を中心に業績を上げた。そこから製薬会社を買収し、自らがCEOになる、という行為を繰り返し行ってきた。

 シャリが興味を持ったのは「マイナーな疾病の特効薬を製造する会社」だ。2011年にレトロフィンというバイオテクノロジー会社を立ち上げ、同年MSMBはAMAG薬品を3億7800万ドルで買収、14年には同じく製薬会社のティオラ社を手に入れた。15年にはチューリング製薬を創設、さらにケロバイオ製薬の株式の大半を入手する、という拡張路線だった。

 しかしながらCEOとしての手腕については「頭の良い人間だが会社を率いるには未熟」と評された。製薬会社の長でありながら他のバイオテク会社株のショート売りを繰り返して利ざやを手に入れたり、従業員教育もおざなりだったという。レトロフィンは14年にシャリを解任、その後背任行為で6500万ドルの賠償請求訴訟を起こした。ケロバイオもシャリの逮捕後CEO解任を発表している。

 実に毀誉褒貶の激しい人物で、卓越したアイデアで20代で巨額の富を手にしたが、その入手方法には司法の付け入る隙があった。まるで米国版ホリエモンだ。

トランプまでもが批判 行き過ぎた薬価つり上げ

 シャリが全国的な批判を浴びたのは、チューリング製薬がダラプリンという薬の販売権を手に入れたことにある。この薬はエイズの症状のひとつ、トキソプラズマの特効薬だが、シャリが薬の権利を手に入れて以降、その価格は1錠13ドル50からなんと750ドルに跳ね上がった。

 薬を必要とする人口は比較的少数だ。しかし「マイナーな疾病の特効薬」を狙い撃ちしていたのは、これが目的だったと考えられる。マイナーな薬だけにライバルがいない。独占状態で薬の価格を吊り上げたのだ。

 これにはヒラリー・クリントン、バラク・オバマに加えドナルド・トランプまでがこぞって批判、シャリはまさしく時の人となったが、その直後の逮捕である。シャリ自身が「政府は自分のように頭角を表す人間を潰したかった。逮捕の本当の理由は薬の価格吊り上げでヘッジファンド問題ではない」などとメディアに訴えている。

 薬の価格吊り上げについては「株式会社として投資家により多くのリターンを約束するのは当然のこと」と全く悪びれていない。実はこうした独占状態にある薬の価格吊り上げは多かれ少なかれどの製薬会社も行っている。製薬会社は「薬の開発には多額の研究開発費用がかかっている」と主張するが、ライバルのいない特効薬ともなれば価格は製薬会社の言い値で販売されているのが実情だ。

評価分かれるシャリの手法

 それにしてもシャリの手法はやり過ぎの感は否めない。「儲けてどこが悪い」と開き直るシャリにはネット上で共感する若者も多いが、社会の敵とみなされる行為であることは間違いない。

 ただし、シャリを擁護する声もある。マイナーな特効薬にFDA(米食品医薬局)の承認を取り付けたのはシャリの功績、という意見だ。例えばチャガス病、という南米に特有の風土病のような疾病がある。南米移民の多い米国では患者数もそれなりだが、このチャガス病の特効薬をFDAに認めさせたのはシャリである。

 今後の裁判でシャリの罪状が明らかにされていく予定だが、今回の逮捕劇はシャリが主張するように「政府の陰謀」なのか、それともシャリは「稀代の詐欺師」なのか。金融界の若きエースと呼ばれた人物の転落劇は全米の注目を浴びている。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  9. 9

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。