記事

日韓合意は、「人命は地球よりも重い」発言に等しい

慰安婦問題が、日韓政府間で合意に達し、「最終的かつ不可逆的に解決される」ことになったそうです。

ですが、この合意は、日本がテロに屈することを宣言した「人命は地球よりも重い」発言に等しいように思えます。

日本政府は、日韓請求権協定が存在するため、従来より、慰安婦問題は”最終的に”解決済みとしてきました。

ですが、今回の合意で、”2度目の最終合意がありうる”ことを示したことになります。

これは、テロの有効性を示した「人命は地球よりも重い」発言と同じように、徴用問題などでも”2度目の最終合意がありうる”と韓国人に印象づけてしまうように思えます。

政府は、今回の合意に、日韓請求権協定の確認を明文化して入れ込み、そのことによって徴用問題なども解決済みであることを韓国政府に迫っているようです。

しかし、尹外相は、日韓請求権協定に対して、「私たちの立場は変化がなく、この先も変化はない」と語ったということで、この合意に確認が明文化されようとも、慰安婦問題以外の徴用問題などは、引き続き懸案とし続ける考えのようです。
28日午後に日韓外相会談、共同会見も予定 韓国メディアは慰安婦像撤去など日本側要求を批判」(産経151228)

また、政府間の合意であれば、普通は、政権が交代しても、その合意は守られるべきものです。

しかし、韓国相手には通用しないでしょう。

既に死に体となりつつある朴政権との合意など、前大統領が軒並み訴追されるような韓国にあっては、政権が変われば簡単に変わりそうです。

特に、次の政権交代が、今回の合意を認めないことを主張して実現されれば、選挙公約のため、間違いなく反故にされるでしょう。

韓国は、合意の文書化に反対しているようです。

文書化されなければ、100%反故にされそうです。

2度目の最終合意がありうる事を示し、徴用問題などに火を注いだ上、慰安婦問題も結局解決しないようなら、この合意の責任は、一体誰が取るというのでしょうか。

不利益を被るのは、我々国民です。

10億円の基金は、我々の税金で支払われるのですから、強制的に一人頭10円の募金をさせられたようなものです。

10円は、金額的には大したことがなくとも、政府の意図とは逆に、韓国人に日韓請求権協定が意味のないものだったと認識させ、日本批判を勢いづかせるようなことにならないか、それが不安です。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。