記事

先進国で最低の日本の「生涯学習」率も、カネと時間が無ければ始まらない!?

ニューズウィーク日本版に『日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低』という記事が掲載されており

  • 日本は1.6%とランキング18カ国の中で最も低く、学校で学ぶ成人が最も少ない。
  • 最高はフィンランドの8.3%で日本のおよそ4倍。
  • 上位は北欧の国々で占められている。
  • 日本は「教育大国」と言われているが、それは人生の初期に限った話で、生涯のスパンでみるとそうではない。

このような指摘が行われています。

そして、筆者の舞田敏彦氏はこのように記事をまとめています。

求められるのは、教育期と仕事期(引退期)の間を自由に行き来できる「リカレント教育」の実現だ。これは1970年代初頭にOECDが提唱した概念で、北欧を始めとした先進国では徐々に実現されている。社会変化が加速し、少子高齢化が進むこれからの日本社会には、「直線モデル」ではなく「リカレントモデル」がふさわしい。

昭和44年にドラッカーは「断絶の時代 来るべき知識社会の構想」の中で、40代後半から50代の人たちに、それまでの技術、技能を生かした分野で、ほとんど再教育なしに、他の職場への転換できる可能性を組織的につくることが必要とすでに指摘しており、社会人教育の効果の高さについても触れています。

「断絶の時代」は1999年に新版も出ており、この中のこの一文も目を引きます。

3章 必然の教育改革 学ぶに適した時期
事実、経験を積んだ後のほうが勉強をできる科目は多い。マネジメントがその一つである。さらには、法律、医学、教育学、建築学、その他あらゆる学問に、経験のない若者では学び取ることのできない科目、あるういは初心者には科目というものがある。(P350)

舞田氏が推奨する「リカレント教育」について残念ながら日本においてはこんな指摘があります。

「無業社会 働くことができない若者たちの未来」(著)工藤 啓, 西田亮介 (2014年)

かつて、日本版「リカレント教育(生涯学習)」に、企業の関心が集まった時期もあった。企業社会でさらにステップアップするためい、いったん大学や大学院に戻って学びなおすという構想だったが、最近ではかつてほどの熱気は感じられない。やはり企業社会が、日本の大学に、その価値を見出さなかった。もしくは見出せなかったことが主たる要因である。(P175)

47歳で学びなおしを始めた身として切実に感じるのは、大学開放(University Extension)のような制度を導入してもらい、もっと幅広い学びが実現できるようにしてほしいという事でしょうか。

こちらのエントリで所得を増やすことの重要性に触れましたが、

社会人が仕事と学校を両立させるためには、お金と時間の確保がまず必要となります。そして、授業に遅刻・欠席すれば評価が落ちるし、勿論試験に合格できなければ落第です。

つまり、ここでも生活費とは別に教育資金を確保できる収入と、MBAの場合2年程度は夜間に授業がある日はそちらを優先できる職場環境が必要となります。

生涯教育では、再チャレンジ的な意味もあるかと思うのですが、このような環境の両立には、やはり大手の会社に勤めている人のほうが有利という側面があり、恵まれている人のほうが上にあがっていくという資本主義の縮図を垣間見ることとなります。

付け加えるなら、ポスドク問題などがあるように、学位を取得したことが即パスポートとにはならない事も考えておくべきでしょう。

「無業社会 働くことができない若者たちの未来」では、日本で一度レールを外れてしまうとリカバリするこがいかに困難かについても書かれています。リカレント教育にしても、費用や仕事の負担を肩代わり可能な大企業の人が利用できる仕組みとしてでなく、中小・零細企業、何かしらの理由で既定のレールを外れてしまった人にも利用可能な仕組みとなってくれればと思います。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  10. 10

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。