記事

クリスマスが廃れた理由

昨日はクリスマスイブだった。今日がクリスマスだ。
だがもうすっかりクリスマスは廃れた。
子供がいる家庭ではクリスマスをやってるのかもしれないし、都会の中心部ではムード出そうとしてるのかもしれないが、往年の年中行事的な勢いはもはや見られない。
六本木か恵比寿のイルミネーションを写メ撮る田舎者が群れているくらいのものだろう。

かつてはバーで一杯ひっかけたパパが、ケーキをぶら下げて、鼻眼鏡を付けて、パーティー用の三角帽子を被って、赤ら顔で「メリー・クリスマス」と言いながら帰宅していたものだが、そんな光景も今は見られない。

あるいは恋人同士が肩を寄せてプレゼントを交換し、聖なる夜に性なる儀式を始める習わしも潰えた。

昔はクリスマスと正月は、男が帰宅して家族サービスをするから、愛人が憂鬱になって、自殺するのが一般的だった。
あのころ自殺した愛人は犬死だ。

WHAM!のラストクリスマスか山下達郎のクリスマスイブは、街に出たら必ずかかっていたのに、今年は達郎を一回聴いたのみだった。

大学生の分際で、女にやらせてもらうために予約していた赤坂プリンスホテルも今はなし、バブルは遠くなりにけり。

今じゃそのお株をハロウィンに奪われて、商売も西洋お化けで儲ける方にシフトした。

結局、家族の紐帯が綻んで、ネットで他人とかりそめの絆を結ぶ、砂粒の個人がほとんどになってしまったから、クリスマスは衰退したのだろう。

家族を崩壊させるのは資本主義である。
それは夫婦同姓や別姓という、たかが苗字の問題ではない。
わしは社会主義者ではないが、無制限の資本主義には警戒を怠らないくらいのバランス感覚は持っている。

あわせて読みたい

「クリスマス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。