記事

蓮舫、育休取得の国会議員夫婦に「全く理解できない」で炎上 「マタハラの典型例」「与党を攻撃できれば何でもいいのか」という声も

自民党の宮崎謙介議員と金子恵美議員の育休取得が話題を呼ぶ中、民主党の蓮舫議員がツイッターに寄せた投稿が物議を醸す事態となっている。

蓮舫議員は12月24日、2人の育休取得について、「一般的にはいいのでは、との反応があるが私は2人とも国会議員の夫婦の育休は否定的立場をとる」と投稿。その理由について、

「時間的自由度が高い国会議員は、完全育休より公務との両立が可能です。かつ、国会議員の育休は、給与も全額保証で民間より遥かに優遇されている」

と説明した。宮崎議員はブログで、育児を通して学んだことを「地に足のついた政策の立案」に役立てると書いていたが、これについても蓮舫議員は「普通に保育施設を利用しながら両立をすることこそが、本人の言う地に足のついた政策を立案できるのではないか」と批判した。

育休取得する2人に対し「もう一度、言う」と牽制

まずは制度の見直しが必要。

その後も「もう一度、言う。マタハラ、制度があっても育休すらとれない現実もある」と指摘し、

「国会議員のすべき仕事は二人揃って給与全額保証の育休を優雅に取ることではなく、現実に向き合っている人たちを法改正で守ること、だ。この二人の考えを私は全く理解できない」

と改めて主張した。育休を取得する両議員を、同じ国会議員としての立場から批判する内容だが、これがネットで炎上する騒ぎとなっている。

「マタハラをする人はこう考えている という典型的なサンプル。 すばらしい。」
「すげえ、言い換えると『日本なブラックな労働環境を改善する為には、私たちは休むことは許されない!』ってことですね。素晴らしい(皮肉)」

といった声が殺到した。

「育休は『優雅』ではなくて当然の権利」という声も

「これが保守反動の与党議員でなくリベラル政党のしかも女性有力議員の発言というのが呆れ返る。要は与党を攻撃できれば理念も定見もないのが民主党の本質であるということだ」

蓮舫議員は民主党政権時代に少子化対策担当大臣も経験。それだけに、今回の育休を否定する発言への失望感は大きいようだ。育休を「優雅」とする表現に対しても「優雅じゃなくて、当然の権利だと思うが。こういう管理職のせいでマタハラが起こるんだよ」といった批判が出ていた。

一方で、現状の制度では国会議員が育休を取得しても、その期間中の議員報酬が全額支給されることになる。そのため、野党議員としては「特権優遇ではない国会議員の育休を制度化する法案を提案するほうが現実的だ」という意見もあった。今回の件では間に合わないかも知れないが、国会議員に関しても堂々と育休を取れるようするために何らかの制度設計が必要、ということだろう。今後の議論が注目される。

関連記事
  • 31歳男性「育休なんて取らなければよかった」 慣れない家事に苦戦、妻になじられストレス溜まる
  • 育休を取れる旦那は情けない? 「2か月も会社を休める」なんて小物すぎなのか
  • 「父親にも育児休暇を取らせろ!」 米国社会の根強い敵意と戦うダディたち
  • 「育児休暇」の呼称に子育て世代が反発 「休めないのになんで?」「育児休業と正しく呼んで」
  • 男性社員8人が育休取得! イクメン企業「グランプリ」は岐阜県の建設会社
  • あわせて読みたい

    「育児休暇」の記事一覧へ

    トピックス

    ランキング

    1. 1

      屠畜作業への理不尽な差別の実情

      岸慶太

    2. 2

      廃棄が9割 ジビエブームの裏側

      BLOGOS編集部

    3. 3

      新エンジン投入へ マツダの知恵

      片山 修

    4. 4

      自宅ビール用 究極の節約つまみ

      中川 淳一郎

    5. 5

      立民議員 ホテル側の説明に期待

      大串博志

    6. 6

      桜を見る会で国民は退陣を望むか

      橋下徹

    7. 7

      京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

      BLOGOS しらべる部

    8. 8

      前夜祭 安倍首相は会費払ったか

      郷原信郎

    9. 9

      沢尻逮捕に医師「作品は別では」

      中村ゆきつぐ

    10. 10

      なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

      音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    ランキング一覧

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。