記事

自民党の選挙対策?ー相次ぐ男性国会議員の育児休暇取得容認発言

官邸や自民党の高等戦術ではないのかな、という印象である。
選挙が近くなると誰でもそうなってしまうのだろうが、妙に自民党の閣僚から若い方々への暖かいメッセージが発信されている。

男性の国会議員が育児休暇を取ると宣言していることに、おお、いいじゃないか、国会議員の仕事に支障が出ないのだったらやったらいい、ぐらいの発言が続いている。
ずいぶん若い国会議員を甘やかすものだな、と私などは思ってしまうが、男性の育休制度を推進するために国会議員が先陣を切ることはいいことだ、ぐらいの雰囲気だ。

育休を取得している期間中の国会議員としての歳費は返上します、ぐらいのメッセージがご本人から出てくれば、まあ、これが時代というものか、私たちの世代ではおよそ考えられないことだが、若い人たちはそこまで進んでいるのか、と結局は受け容れてしまうのだろうが、目下のところ私には受け容れ難い話である。

育児を夫婦で共同分担して担うのはいいが、一般の国民と比較して明らかに高額の歳費やら立法事務費、政党交付金の一部を受給している、いわば特権階級と目されている国会議員が自分たちの特権を返上しないで、一般の民間人を差し置いて率先して育児休暇取得の恩典に与ろうとしているのは如何なものか、と言わざるを得ない。

やっぱり変だよ、止めた方がいいよ、と言いたくなる。

まだこれから先のことであり、実際にその時になったら国民世論がどうなっているか分からないので、あまり断定的な物言いはしたくないが、結婚式でのお追従めいた話は鵜呑みにはしない方がいい。
まあ、十分問題提起にはなったのだから、後は慎重に判断された方がいいだろうな、と思っている。

共稼ぎご夫婦の場合に普通のご家庭ではどうやって育児をされているのか、ということも勘案された方がいいはずだ。
念のため。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。