記事

「世間離れ」した育休

この育休は美談じゃない!!宮崎議員、わかってますか?
国会議員夫婦の「育休」など、一般夫婦が参考にしようがない、一般夫婦の「育休」の現実とは格段の差がある「高待遇育休」なのですよ!

民間は育休を取得すれば生活費が減る。給付金は給与の3分の2です。収入減に頭を悩ませながらやりくりを考えて取得するのです。一方国会議員はいくら休暇を取っても給与は全額保証(年収約2,000万)。
もう一つは国会議員の労働環境です。世間的には忙しいと言われても、実は国会議員の果たすべき責任である本会議や委員会への出席は平均週3日の9時~17時です。それ以外は任意で出席する会合や地元活動であるわけで、育児に専念したければ、民間の労働環境よりはるかに自由度が高い中で、時間を確保出来るはずです。

お二人が国会議員ならば、それこそ「欠席届」など出さなくても、保育を利用しながら、やりくりが可能なはずです。
現に私も3人の子育て中ですが、そりゃあ朝ご飯も作れば朝演説は出来ないこともあるし、妻や子どもが熱を出せば私の家事時間も増えるなかで、やりくりしてきているのです。それでも、私よりも民間企業勤務や非正規の方々の方がずっと大変なはずです。

宮崎議員、普通の夫婦が直面する困難さや、男性の育児の大変さを本当に経験したい、彼らを応援したいというのであれば、格段に恵まれた環境にある人が「世間離れ」した「育休」を取ってもそれは何の応援にもならず、それよりも「保育制度も利用し、公務を果たしながら育児をする」ことのほうが国会議員としての責任を果たすと同時に、一般夫婦の辛さが身にしみて理解できるのではないですか?
私たち国会議員はそれだけ責任のある職務についており、かつその職務も子育ても、公務との両立な環境にあるのですから。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  6. 6

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  7. 7

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  9. 9

    マスコミ競争社会 品格保てるか

    ヒロ

  10. 10

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。