記事

「朝生」の”爆弾”だった野坂昭如さんの死に思うこと

12月9日、野坂昭如さんが亡くなった。ご存じのかたも多いと思うが、野坂さんと僕とのつきあいは、「朝まで生テレビ!」だ。野坂さんと、そして大島渚さんは、番組の爆弾だった。ふたりが何を言いだすか、いつもヒヤヒヤしていた。その一方、僕は彼らの発言力に期待してもいたのだ。

1945年の敗戦のとき、野坂さんは中学生だった。多感な年頃に敗戦を迎えた野坂さんは、「国に騙された」「権力者はウソをつく」、という意識が非常に強かった。僕の中にも当時、「えらい人はウソをつく」という感情が生まれた。だが、敗戦時に小学生だった僕は、野坂さんほど強烈な意識を持てなかったように思う。野坂さんは発言をし続けた。「国や権力者は信用ならん、それは今も変わらない」その「念」には、すさまじいものがあった。

「KY」という言葉がある。野坂さんはあえて、「俺は空気が読めない」と言い切って、何にも縛られない自由な生き方をした。だからこそ「朝まで生テレビ!」でも、あれだけの発言ができたのだ。天皇制、アメリカ、自衛隊……。あらゆる事に「ノー」と言い続けた。鮮烈に、焼け跡の時代を生き抜いた代表選手だった。

ひとつの時代が終わった、と野坂さんの訃報を聞いて、僕は思った。戦後70年という節目に、しかも、その年の暮れに野坂さんが亡くなったことは、とても象徴的だ。

「朝まで生テレビ!」をひっかき回したもうひとりの人物、大島さんも一昨年、亡くなられてしまった。「戦後」は、今年で終わるのかもしれない、と僕は思う。

そう思うと同時に、僕は強く誓いたいことがある。生き残っている僕は、確かにだらしのない人間ではある。だが、そうではあるのだけれど、ここに僕が生きている限り、まだ「戦後」を終わらせてはいけない、戦争の記憶までをなくしてしまってはいけないのだと。これが僕なりの野坂さんへのお悔やみである。

ご冥福をお祈りいたします。

あわせて読みたい

「野坂昭如」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。