記事

「どんなアプリ使ってる?」 米・デューク大学に通う、現役大学生17人に聞いてみた

1/2

リンク先を見る

ミレニアル世代」と呼ばれる1980年代から2000年代初頭に生まれた米国の10代、20代がトレンドの牽引役として企業から熱い視線を浴びている。

ミレニアル世代に注目しているのは、アプリなどを開発するIT企業なども同様だ。こうした関心を受け、近年幾多もの企業からミレニアルのモバイル利用に関する調査が発表されてきた。

しかし、ミレニアル世代のアプリ利用に関する量的データは多数発表されているものの、実際に彼らがアプリをどのように利用しているかなどといった、「生の声」はあまり世に出ていない

そんな「生の声」を集めるべく、今回は米国東海岸に位置するデューク大学(※1)にて、自身も「ミレニアル世代」にあたる筆者が同校生徒17人に取材を実施した。取材では、「もっとも頻繁に使うアプリ」を5つほど挙げてもらい、各アプリの利用方法について詳しく話を聞いてみた。

※1…デューク大学は、ノースカロライナ州ダーラムに本部を置くアメリカ合衆国の私立大学で、USNewsのランキングの2015年版では、大学部門で全米第8位、ビジネススクール部門で全米13位、ロースクール部門で全米8位、メディカルスクール部門で全米8位、バイオ工学部門で全米4位にランキングされている。

    ■目次
    1.「若者のFacebook離れ」と報道されるも、堂々一位のFacebook
    2.二位のSnapchatは、スタンダードな機能が人気
    3.三位は更新の心理的ハードルが低いInstagram
    4.四位は政治との相性が良いTwitter
    5.メッセージアプリや音楽アプリに見る、プリインストールの強さ
    6.ニュースを読むツールとして、意外にも健在のパソコン

    ■調査結果
    言及の頻度
    1位 Facebook 13人
    2位 Snapchat 10人
    3位 Instagram 7人
    4位 Twitter 6人
    5位 GroupMe、Spotify 5人

    他のアプリ……Yik Yak(4人)、Facebookメッセンジャー(3人)、Uber(2人)、SoundCloud(2人)、Tumblr(1人)、ESPN(1人)、Buzzfeed(1人)、2048(1人)など

1.「若者のFacebook離れ」と報道されるも、堂々一位のFacebook利用

リンク先を見る

取材した17人のうち、13人が「よく使う」と言及したのはFacebookアプリ。昨年、10代が「Facebook離れ」を起こしていると発表した各社の市場調査結果が話題になったが、大学生のあいだではいまだに日常的に使われているようだ。

しかし、Facebookに「投稿する」としたのは約半数(13人中6人)。Instagramなど、他のSNSよりも投稿の心理的ハードルが高い、との声が聞かれた。

「投稿する」と答えた生徒のほとんどが写真の投稿や、記事の共有を投稿することが多いと話した。Facebookを利用する目的には、友人とつながること以外にも、「校内のイベントのチェック(Facebookを通じて通知が来る)」「人気アカウントのコンテンツをフォローするため」「友人が共有する記事を読むためにFacebookを使用するため」などの声が多かった。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  4. 4

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  7. 7

    日本がラグビー界に衝撃 海外紙

    文春オンライン

  8. 8

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  9. 9

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  10. 10

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。