記事

永田町ではいつまで経っても次世代の時代は来なかった、ということかしら

旧世代の人ばっかりだなあと思っていたが、次世代の党と命名したときは、おう、案外やるもんだ、と思っていたが、その「次世代の党」が「日本のこころを大切にする党」に党名を変更することにしたそうだ。

日本のこころを大切にするということ自体にはまったく異論はないのだが、それでは次世代の人たちはどこに行ってしまうのだろう、と思ってしまう。

日本のこころと一口に言っても、私の「日本のこころ」と若い方々の「日本のこころ」が同じものかは保証の限りではない。
「こころ」という目に見えないものを党名に掲げ、日本のこころを大切にしようと呼び掛けることでどれだけの人が集まるのかまったく見当が付かないが、どうも「日本のこころを大切にする会」は一見誰に対しても優しそうだが、どうも若い方々には決して優しくないのではないか、と思わざるを得ない。

私が再起を期待している自民党の元衆議院議員の一人である遠藤宣彦氏は、結局次世代の党に離党届を出しているから、多分この党にはもはや活きのいい若い人は入ってこないのだろう。
現職の議員で最後まで党名変更に反対した人は、いわばこの党からはじき出されるようなものだ。
早晩離党に踏み切らざるを得なくなるだろう、というのが私の見立てである。

まあ、遅かれ早かれそうならざるを得なかったのだろうから、早く決断の時が来てよかったですね、と言ってあげるのがいいかも知れない。

次世代がなくなったのだから、元気かしら、というところである。

あわせて読みたい

「日本のこころを大切にする党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  7. 7

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。