記事

永田町ではいつまで経っても次世代の時代は来なかった、ということかしら

旧世代の人ばっかりだなあと思っていたが、次世代の党と命名したときは、おう、案外やるもんだ、と思っていたが、その「次世代の党」が「日本のこころを大切にする党」に党名を変更することにしたそうだ。

日本のこころを大切にするということ自体にはまったく異論はないのだが、それでは次世代の人たちはどこに行ってしまうのだろう、と思ってしまう。

日本のこころと一口に言っても、私の「日本のこころ」と若い方々の「日本のこころ」が同じものかは保証の限りではない。
「こころ」という目に見えないものを党名に掲げ、日本のこころを大切にしようと呼び掛けることでどれだけの人が集まるのかまったく見当が付かないが、どうも「日本のこころを大切にする会」は一見誰に対しても優しそうだが、どうも若い方々には決して優しくないのではないか、と思わざるを得ない。

私が再起を期待している自民党の元衆議院議員の一人である遠藤宣彦氏は、結局次世代の党に離党届を出しているから、多分この党にはもはや活きのいい若い人は入ってこないのだろう。
現職の議員で最後まで党名変更に反対した人は、いわばこの党からはじき出されるようなものだ。
早晩離党に踏み切らざるを得なくなるだろう、というのが私の見立てである。

まあ、遅かれ早かれそうならざるを得なかったのだろうから、早く決断の時が来てよかったですね、と言ってあげるのがいいかも知れない。

次世代がなくなったのだから、元気かしら、というところである。

あわせて読みたい

「日本のこころを大切にする党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。