記事

ピカピカの産金会社ニューモント・マイニングの株価はリーズナブル

ニューモント・マイニング(ティッカー:NEM)は米国最大の産金会社です。

同社の確認埋蔵量は9180万オンスでカナダのバリックゴールドに次いで世界第2位です。

同社株はいま、過去20年で最も安い株価収益率(PER)で取引されています。

金価格が最高値を更新している真っ最中なのに、何が悲しくてNEMの株価は割安放置されているのでしょうか?
その答えは業績にあります。

悪いんじゃありません。

余りにもキョーレツに業績が伸びているため、少々株価が騰がっても、逆にPERは下がっている、、、それがニューモントの株価評価に起こっていることなのです。

リンク先を見る

実はこのような現象は損益分岐点が高く、市況に左右されやすい産業の株ではよく目撃される光景です。

だから同社の操業状態に何か深刻な問題があるとか、そういう話ではありません。

実際、現在のニューモントは儲かって儲かってどうしょうもない状態です。

営業マージンは56%(過去最高)、ROEは16%(過去最高)です。

2月24日に発表された同社の第4四半期(12月期)決算は市場予想を2セント上回る$1.16でした。売上高は予想に僅かに届かない25.5億ドルでした。

これらの数字自体はほぼ予想通りであり、株価を動かす材料ではありません。
強いて言えばこの決算が発表された翌日ニューモントの株価が下がった理由は同社の鉱山のひとつであるバツ・ヒジャウの銅生産の予想が予想より若干低かったことによります。

同社の現在の株価はPERで11.4倍で取引されており、これは同社にとって過去20年で最低です。

なお「金投資には利子がつかないのでその面で不利だ」という議論があります。これはその通りなのですが、ニューモントを買えば1%の配当利回りがあります。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  3. 3

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。