記事

中国人の「爆買い」、そのホンネととまどい - 「爆買い」後のゆくえ【前編】 - 中島 恵

「えっ!? ホント? やっ、やった~!」

2015年12月1日の夕方、東京・新宿にある紀伊国屋書店本店をウロウロしていた私は、携帯に流れてきたニューストピックスを見て、思わず小さな声でこう叫んでいた。そして、すぐさまプレジデント社の担当編集者にショートメッセージを送ってしまった。

「今年の流行語大賞に、『爆買い』が選ばれましたよ!」

編集者も興奮ぎみに返事を返してきた。

何しろそのちょうどその頃、私たちが編集を終えたばかりの本のタイトルが、まさに『「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?――中国人のホンネ、日本人のとまどい』だったからである。

画像を見る
『「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?――中国人のホンネ、日本人のとまどい』(中島 恵著・プレジデント社)

なんという偶然のタイミングなのだろうか。今年の流行語にノミネートされていたことは知っていたが、まさか大賞まで受賞することは……。タイミングが良すぎるではないか。

しかし、今年、2015年を象徴する言葉こそ、まさにこの「爆買い」という言葉だったのではなかっただろうか、と思い返した。

それは春節から始まった。2月下旬の春節期間中に見た光景は“衝撃的”だった。過去最大規模に上る約45万人もの中国人が日本観光にやってきたのだ。この間の消費金額はなんと約60億元(約1140億円)! クルーズ船でやってきた5000人の観光客の波、波、波。10月の国慶節(中国の建国記念日)の頃にもほぼ同額のお金を落として帰っていったことは、まだ記憶に新しいだろう。

温水洗浄便座、高級炊飯器、ステンレスボトル、果ては南部鉄器にランドセルまで……。

「なんでこんなものまで中国は“爆買い”するのよぉ~」。そんな日本人の驚きとも、感嘆とも、ため息ともいえない言葉が全国各地で聞かれた。

そう……。なぜ中国人はこれほど日本で爆買いするのか? そして、それは一過性のブームなのか。あるいはまだまだ続くものなのか。

多くの日本人が気にかけていることかもしれない。それほどまでに日本にもたらした経済効果は大きかったからである。

私はこの夏、日本で巻き起こっている「爆買い」現象を追い求めて、各地を取材して歩いた。最初のうちは、観光地で中国人を迎え入れる観光施設や観光関係者などに取材し、現場ではどんなことが起こっているのかについて取材していたが、だんだんと興味は「爆買い」後どうなるのか、に移っていった。

取材すればするほど、「爆買い」のその後、が気になり始めたからである。

今後も来日して日本にお金を落としてくれるのか、くれないのか。一度買い物に来たら、もう日本には来なくなるのか、まだ引き続き日本に関心を持ち続けてくれるのか、否か――。

私の疑問や関心は、結果的に多くの日本人の関心や興味ともダブることになるのだが、実際に取材してみると、悩みや不安、とまどいが次々と聞こえてきた。

それほどまでに中国人の爆買いは「黒船」のように突如訪れた現象であり、日本人にとってショッキングな出来事だったといえるだろう。

だが、一方で「その後」にかける期待や意気込みもあった。団体ツアーから個人旅行に移行していく中国人を当て込んで、富裕層向けのサービスや、SNSを活用して、他社に先駆けて特別なおもてなしを仕込む企業もあった。

取材の過程で、私は来日する中国人の声も拾うように心がけた。当事者の片方である日本人だけの取材では不十分、アンバランスだと思ったからである。中国人はなぜ日本に来るのか、日本旅行をどう思っているのか――などだ。

数多くの日本人と中国人両方の意見を聞いてみた結果、これらの声を書籍としてまとめることで日本人に多くの示唆を与えることができるのではないかと考えた。そして結実したのが本書である。後編で、その内容を少しご紹介しよう。

※後編(12月21日公開予定)に続く

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。