記事

EU離脱か残留か 困難な交渉迫られるキャメロン - 岡崎研究所

11月10日、キャメロン首相はEUのトゥスク大統領に書簡を送り、EU改革のための提案を伝達し、同日、同首相はチャタム・ハウスでこの提案を説明する演説を行いました。本件に関するフィナンシャル・タイムス紙の社説を紹介します。

 すなわち、EU残留か否かを問う国民投票およびこれに先立つEUとの関係の再交渉は、保守党内の欧州懐疑派を慰撫しようとするものであるが、キャメロン首相にとっては巧妙なバランスをとることを求められる。EUに対する過大な要求は拒否されるリスクがある一方、過小な要求では強硬な懐疑派の血を騒がせることになる。

 キャメロンはトゥスク宛て書簡でやっと交渉事項を明らかにしたが、それは2年前に彼が約束した包括的な「新たな合意」よりも遙かにつつましいものである。EU離脱派はEUとの関係の基本原則は何ら変更しない「くだらないリスト」だとして批判している。しかし、EUのパートナーには前向きに受け止めて欲しい。キャメロンの4点からなる提案は理にかなった目標を構成している。それはEUの機能改善にとって必要な確かな真実を明らかにするという英国の伝統的な役割を確認するものでもある。

 キャメロンの目的のほとんどは達成可能である。「EUのDNAに競争力を刷り込む」ことはメルケルにとっても欧州委員会にとっても優先事項である。英国の「絶えず緊密化する連合」からの免除とEUの立法過程における加盟国議会の役割拡大が合意の障害になることはないであろう。ユーロ圏の行動から非ユーロ諸国を保護するためのセーフガードはシティーにとって肝要であるが、これには独、仏、伊の一定の支持がある。問題は他のEU諸国からの移民労働者に対する福祉給付の制限である。ポーランドなど東欧諸国が反対する。しかし、キャメロンは移民労働者の流入の問題に対処するため異なる方策を検討する用意があるとして柔軟性を示している。もし英国の離脱を阻止したいならば、他の加盟国首脳も同様に抑制を働かせるべきである。

 未だ交渉中であるので、キャメロンはEU残留を支持することを宣言し得る状況にない。しかし、11月10日の演説でキャメロンはEUを離脱してEUとはノルウェーのタイプの関係を持つというオプション(そこでは単一市場のルールについて英国は発言権を持たない)はあり得ないと片付けた。また、EUのメンバーシップは安全保障上の利益であるとも述べた。これらの発言は来るべき国民投票に向けてのキャンペーンの前触れである。つまりキャメロンは交渉で勝ち取るもの自体をもってしては国民一般のムードを変え得ないであろうことを示唆している。それは移民問題に焦点を当てた離脱キャンペーンのような魅惑的な簡明さを欠いているからである。従って、キャメロンは技と運も必要とする。そして英国がEUにとどまるべき理由だけでなく、離脱した場合に如何なる結果が待ち受けているかを仔細に論じる必要がある、と指摘しています。

出典:‘Cameron’s demands for EU reform are achievable’(Financial Times, November 10, 2015)
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/711b9392-879d-11e5-90de-f44762bf9896.html#axzz3rp8Kgnic

*   *   *

交渉決裂は許されぬ

 キャメロンの書簡は次の4分野について交渉事項を提案しています。(1)経済のガバナンスにおけるユーロ圏と非ユーロ圏の関係、(2)EUの競争力強化とEU規制の削減、(3)主権につき、「絶えず緊密化する連合」からの英国の免除、EUの立法過程における加盟国議会の役割の拡大など、(4)EU内の人の移動に対するコントロールの強化。

 キャメロンに交渉決裂の選択肢はありません。従って、EUから獲得し得ると見込めて、なおかつ有権者に提示するに耐え得る水準はどの辺りかをこれまでの事務折衝で探った上での提案と思われます。

 しかし、移民流入抑制のための福祉給付の制限はEU市民の間に差別を設けるもので非合法との意見が強く、EU立法過程における加盟国議会の役割拡大にしても既に複雑な立法過程を更に複雑化するでしょう。交渉相手は加盟国政府だけではありません。措置の如何によって条約改正、新規立法が必要となれば欧州議会の承認も必要となります。前途は多難だと思います。

 この社説はキャメロンの交渉努力を後押しする趣旨です。確かにキャメロンの提案は、英国におけるEU問題に決着をつけると大上段に振りかぶっていた当初の姿勢と比較すると後退している印象があります。例えば、EUから権限を加盟国に取り戻すという意気込みは著しく薄められています。保守党内の欧州懐疑派や、英国独立党のファラージ党首はキャメロンの提案を酷評しています。

 なお、キャメロンは11月10日の演説で二つの指摘をしています。一つは、EUを離脱した場合にも、ノルウェーやスイスのタイプのEUとの関係は、英国にとってオプションたり得ないとして排除したこと、もう一つは、国民投票は一回のみで二回はないとしたことです。これはロンドン市長ボリス・ジョンソン(保守党)辺りが模索している虫のいい「二回の国民投票」というアイディア(一回目の投票でキャメロンの交渉成果を否決し、これを梃子に再交渉して改善された成果を得ようというもの)を排除する趣旨です。一回の国民投票でYESであれば残留、NOであれば離脱という、キャメロンはいわば退路を断った形で国民投票での決断を国民に迫ることになります。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。