記事

本音主義と建前主義

アメリカ・共和党のトランプ氏は暴言王だが、その暴言を支持する劣化した国民がいる。

日本にも放言王がいて、劣化した国民がそれを支持する。

放言王は一人じゃない。
政治家にもいる、知識人にもいる、あれもこれも放言王である。

そしてネットの電脳世間の中に、匿名の放言餓鬼どもがうじゃうじゃ蠢いている。

安倍政権を強烈に支持する放言餓鬼と、安倍政権を強烈に嫌う放言餓鬼が電脳世間で罵り合っている。

暴言も放言も、本音主義が建前主義を脅かす現象として噴出している。

決して建前が無効というわけではない。

建前があまりに偽善に堕ちたことに問題があり、同時にIQの低い劣化した本音主義が繁殖しすぎたことに問題がある。

暴言も放言も、ち密な言葉の積み重ねが要らないから、言葉が劣化するうちに心も劣化する。

それはまさに韓国人化であり、中国人化である。
この「韓国人化・中国人化」を差別と言うなら、またしても偽善的・建前主義に堕ちていることになる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。