記事

インドのITアウトソーシング業界に暗雲?

未だ正体が掴めていないのですが、最近、インドのITアウトソーシング業界の見通しが何かおかしいと感じます。

先ずITアウトソーシング関連株は下げ基調です。

最初のチャートがインフォシス(INFY)。
リンク先を見る
(出典:ストックチャーツ)

次がウィプロ(WIT)。
リンク先を見る
(出典:ストックチャーツ)

もちろんITアウトソーシングに限らず、インド株全般が下がっているということが先ず指摘できます。

しかしITアウトソーシングに限って言えばオバマ政権の保護主義的なIT政策が最近のインドのITアウトソーシング株の不人気に関係しているという意見もあります。

オバマ政権はお給料の高い、良い仕事を外国人に奪われないためにH1BならびにL-1ビザの申請フィーをこれまでの320ドルから2000ドルに引き上げ、景気刺激策(=所謂、オバマ・ブロードバンド構想など)の実施に際してメイド・イン・アメリカを優先する方針をとっています。

それらの国内雇用を優先する各種インセンティブが影響しているのかどうかわかりませんが、会計コンサルタント、BDOが昨日発表した「BDOテクノロジー・アウトルック調査」では聞き取り調査の対象となった米国のハイテク企業100社の財務部長のうち、現在、ITアウトソーシングを使っていない企業の大半が「外国へのアウトソーシングではなく、先ず国内でのアウトソーシングを検討する」と答えているのだそうです。

さて、これはメディアでは指摘されていない事ですが、僕の考えではクラウド・コンピューティングの流行もインドのITアウトソーシング企業のビジネス機会を一部奪う結果になるのではないかと思います。

例えばセールスフォース・ドットコムの「チャター」に代表されるアプリケーションはアウトソーシングよりコラボレーションを強調することでヘルプデスクやコールセンターの必要性を低下させますし、iPhoneアプリなどを使ったソリューションは大規模なエンタープライズ・ソフトウエアそのものを「恐竜化」させます。

インドのITアウトソーシング企業はそのような大規模ソフトウエアのインプリメンテーションで喰っている部分が大きいので、このクラウドへのシフトは新たな脅威となる気がするのです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。