記事

ロシア版ジハーディ・ジョンに国民衝撃

 

【ロシア】ロシアにとって衝撃だった。頭髪が茶色いむく毛で、青い眼をしたシベリア人(ロシア人)が自らの祖国を誹謗(ひぼう)したあと、スパイだとされた同胞ロシア人の喉をかき切る映像を過激組織「イスラム国(IS)」によって公開されたのだ。

 ロシアのメディアや知人たちによれば、この死刑執行者はロシア中部ノヤブリスク出身のアナトリー・ゼムリャンカという28歳の男だ。12月2日、ISがこの映像(撮影日は不明)を公開して以降、ロシアでは極悪非道の男と呼ばれるようになった。

 ゼムリャンカ容疑者の動画は、直ちに「ジハーディ・ジョン」(本名モハメド・エムワジ)を彷彿とさせた。「ジハーディ・ジョン」は、オバマ米大統領に対する要求を突き付け、西側出身の人質の斬首を取り仕切った映像の中で登場した英国出身のIS戦闘員だ。彼はISのプロパガンダの先鋒となった。しかしゼムリャンカ容疑者は、英語でオバマ大統領を糾弾する代わりにロシア語でプーチン・ロシア大統領を糾弾した。

 ゼムリャンカ容疑者は「プーチンよ、よく聞け。 そしてお前の手下にもよく聞かせろ」と前置きした上で、「お前たちロシア人が来る前に、アサド(シリア)政権がわれわれを爆撃し、その後米国が卑怯な有志連合と一緒にわれわれを爆撃している。そして今やお前たちロシア人がわれわれを爆撃している。しかし爆撃から何も生じていない。生じているのは、われわれが真理の側に立っているとの確信と不屈の精神だけだ」と語っている。

 クレムリンがシリアのアサド大統領への軍事支援を強化するなかで、ISは自分たちのプロパガンダ装置をますますロシアに向けて集中している。こうした宣伝工作は、ロシア機爆破に続く一層の報復の可能性に対するロシア人の不安をかき立てるのを狙っているようだ。ISは、エジプトの保養地シャルムエルシェイクからロシアのサクトペテルブルクに向かっていたロシア航空機チャーター便を爆破したとみられている。

 ロシア世界経済・国際関係研究所(IMEMO)のスタニスラフ・イワノフ上級研究員は「以前は西側の人々を斬首していたが、今やISの主要な敵はロシアになった」と述べた。

 ISは長年、良く演出されたプロパガンダ映像の中のシンボリズム(象徴)を利用しようと探し求めてきた。今回のようにゼムリャンカ容疑者を主役にしたものなどだ。ロシア・メディアによれば、同容疑者は2年前にISに参加するためシリアに渡航した。祖国からはるか離れた土地で、ロシア人が同じ国出身のロシア人を斬首する映像は、ロシアの人々に衝撃を与えた。

 米ジョージア州立大学のチャーリー・ウィンター上級研究員は、ゼムリャンカ容疑者がどの程度まで真にロシア版ジハーディ・ジョンになるかは、ISがロシア人の人質をさらに何人捕らえているか、そして同容疑者が彼らロシア人質を殺害し、その映像を今後も公開するかに左右されると述べた。

 ロシアでは「ホームグロウン(国内で育った)過激主義」に対する懸念が高まっている。例えば、ロシアでは最近数カ月間、モスクワ国立大学の女子学生バルバラ・カラウロバ容疑者(20)のケースが大きく報じられてきた。当局によれば、この女子学生はネットでIS戦闘員と連絡し、ISに参加するためシリアに渡航しようとしたという。

 当局は6月、カラウロバ容疑者をトルコとシリアの国境で拘束し、ロシアに送還した。同容疑者は現在モスクワで、テロ集団参加罪で公判待ちの状態だ。同容疑者の母親はモスクワの新聞とのインタビューで、娘はネットを通じてあるIS戦闘員との恋に落ちていたのだと述べ、IS参加容疑を否定した。

By PAUL SONNE

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。