記事

「ブラック企業大賞2015」にセブン-イレブン――全国の加盟店を長年搾取

リンク先を見る

「ブラック企業大賞2015」発表記者会見。11月29日、都内会場。(撮影/古川琢也)

過重労働やパワハラなど、働く者の権利を侵害する企業に括弧付きの「表彰」をする「ブラック企業大賞」の第4回(2015)の授賞式が11月29日、東京都内の会場で開催され、ノミネート6社の中からセブン-イレブン・ジャパンが「大賞」に選ばれた。

同社は、フランチャイズ加盟店の権利である「見切り販売」を妨害していたことなどからノミネートされていた。「大賞」受賞の決め手となったのは、本部に一方的に有利なフランチャイズ契約をタテに加盟店を長年搾取し続けた構造の根深さに加えて、その「負の連鎖」が全国のアルバイト従業員にまでおよぶ影響の大きさだった。

従業員を不当に懲戒解雇し、顔写真付きの「罪状」なる書面を全国の店舗に掲示、それに抗議した労働組合を恫喝するなど目に余る対応が目立った引越社関東(アリさんマークの引越社)は「アリえないで賞」を受賞。同社は一般からの投票数で決まる「ウェブ投票賞」では終始独走し、2冠となった。

その他、個別指導学習塾最大手ながら賃金未払いが常態化している明光ネットワーク(明光義塾)は、ブラックバイトの象徴として「ブラックバイト賞」が、19歳の新入社員をパワハラの末に自殺させた福井県の防災機器販売会社・暁産業には「特別賞」が授与された。

講評では、実行委員の竹信三恵子和光大学教授が「社員にベアをしているセブン-イレブンは一見良い会社に見えるが、実際はシワ寄せが加盟店にきている。日本の労働市場がもつ『二重構造』だ」と指摘。

同じく委員の佐々木亮弁護士は、「過労死を自己責任で片付ける言説は十数年前ならまかり通っていたが、いま経営者がそのような発言をしたら『炎上』する。依然として酷い企業はたくさんあるが、それでも少しずつ状況は良くなっている」と語った。

(古川琢也・ルポライター、12月4日号)

あわせて読みたい

「セブンイレブン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。