記事

母親の就業率は10年で10%上昇 ~ 母親の出産前後からの追跡調査結果

 厚生労働省が実施している「21世紀出生児縦断調査」は、平成13年生まれと平成22年生まれの調査対象児について、生活実態や経年変化の状況を継続的に観察し、比較対照などを行うもの。

 厚労省は今日、①同調査(平成13年出生児)」の第13回(平成26年)と、②同調査(平成22年出生児)」の第4回(平成25年)の結果を発表した。今回の調査結果における子どもの年齢は、平成13年出生児の第13回調査が13歳(中学1年生)、平成22年出生児の第4回調査が3歳6か月。

 今回の発表の主なものであるが、まず、平成13年出生児の
母親の就業状況の変化について。
母親が有職である割合は、出産1年前で54.3% → 出産半年後(第1回調査)で25.1%に減少 → 
その後は年々増加し、中学1年生(第13回調査)では76.4%にまで上昇。

 母親の就業状況については、「勤め(パート・アルバイト)」の割合は、出産半年
後で3.5% → 年々増加し、中学1年生では46.4%にまで上昇し、「勤め(常勤)」の割合は、
徐々に増加し、中学1年生で22.1%にまで上昇〔資料1〕

 次に、平成22年出生児の母親の就業状況の変化について。母親が有職である割合は、出産1年前で61.9% → 出産半年後(第1回調査)で 35.5%に減少 → その後は年々増加し、3歳6か月(第4回調査)で51.0%と、平成13年出生児第4回調査の41.8%より9.2ポイント高い。

 母親の就業状況については、「勤め(常勤)」の割合は、出産半年後で24.7% → 3歳6か月で23.6%と大きな変化はないが、「勤め(パート・アルバイト)」の割合は、出産半年後で6.2% → 年々増加し、3歳6か月で20.6%%にまで上昇〔資料2〕

 概ねの傾向として、ここ10年(平成13年→平成22年)で、出産前後の母親の就業率は10%上昇したと見ることができる。


<資料1>
リンク先を見る
(出所:厚生労働省「21世紀出生児縦断調査の概況」


<資料2>
リンク先を見る
(出所:厚生労働省「21世紀出生児縦断調査の概況」

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  2. 2

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  3. 3

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  7. 7

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  8. 8

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  9. 9

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  10. 10

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。