記事

銃器携え公道を通行する「邦人輸送」訓練は中止を

画像を見る

 防衛省から「邦人輸送訓練」について聞き取りをおこない、陸海空の自衛隊が17、18の両日、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市、入間市)、陸上自衛隊相馬原演習場(群馬県榛東村)などで海外での「邦人輸送」を想定した統合訓練で、銃器を携行した隊員らを乗せた車両が公道を通行することが明らかになった。

 訓練は、他国の領土内で自衛隊が海外在住の日本人を車両で輸送することを可能とした2013年の自衛隊法改悪にもとづき、昨年から実施(昨年は空自小牧基地など)。在外邦人に見立てた隊員数十人を相馬原演習場から入間基地へ、初めて公道を使い輸送。地雷や爆弾の攻撃に耐えるとされる輸送防護車「MRAP」4両を含む車両17両が参加し、隊員は「警戒及び防護」ため銃器を携行します。同省は公道ルートの事前公表を拒んだ。

 入間基地内では空自C130輸送機と陸自ヘリに移し替え、ヘリは相模湾上の海自輸送艦「くにさき」まで人員を運びます。戦争法で可能となった任務遂行のために武器使用ができる「邦人救出」訓練は今回見送られた。

 聞き取りに同席した入間基地近隣の狭山、入間、所沢の各市住民と猪股嘉直党狭山市議らは「銃を持って公道を通るのは新たなステップだ」「入間基地の入り口近くには学校もある。訓練をやめてほしい」と訴えていた。

 訓練は戦争法の具体化であり、入間基地拡張計画にも連動した動きだ。中止を求める。

下記画像↓をクリックすると資料(PDF)がダウンロードできます

リンク先を見る リンク先を見る

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。