記事

豪ドルは長期的に見て魅力ある通貨だ

1/2
相場の世界では「天災は買いだ」といわれますが、現在のオーストラリアは正しくこれに当てはまると思います。

オーストラリア東北部と東南部を襲った豪雨による洪水で同国は今、結構たいへんな事になっています。

このため豪ドルも神経質な動きになっています。

洪水はまだしばらく続きそうだし後片付けも大変な作業になると思います。


でもこれでオーストラリアという国が駄目になるという事ではありません。

オーストラリア経済のファンダメンタルズは強いし、今後の成長のシナリオは描きやすいです。

またオーストラリアと日本の経済のファンダメンタルズには大きな格差があるので、両国の金利差はチョッとの事では縮まらないと思います。

それは豪ドルをロングするというストラテジーが基本的には正解だという事を意味すると思います。

そこで目先的な相場のすべった、ころんだはチョッと横にどけておいて今日は向こう2年程度の長期でオーストラリア経済のファンダメンタルズを考えてみたいと思います。

先ずオーストラリア経済は「一体、今後どこから成長が来るのか?」という事がハッキリしています。


それは中国への資源、素材の輸出から来ます。

下はオーストラリアの輸出先がどう変遷してゆくかを示したグラフですが中国の存在感がぐんぐん上がっていることがわかると思います。
リンク先を見る
中国は主に鉄鉱石や石炭をオーストラリアから買い付けています。

オーストラリアは今、ゴルゴンという天然ガス田を開発中であり、これが稼働しはじめるとLNG(液化天然ガス)の輸出も増える見込みです。

オーストラリアは中国に比較的近いだけでなく、インドからも近いです。従って今後インドでもインフラストラクチャへの投資が盛んになればそちらへの輸出も拡大することが考えられます。

このような事からオーストラリア経済は先進国の平均的なGDP成長率よりも幾分早いペースで中長期に渡ってGDPを伸ばしてゆくと考えられています。

2011年のGDP成長率は大体3%は確保できるものと思われます。

オーストラリア政府はリーマン・ショックが起こる前は6年連続で財政黒字を達成しました。大体、GDPに対して1〜1.75%程度の黒字です。


この黒字のおかげで同国は財政赤字を一掃しました。

だからリーマン・ショックが起きた時はすぐに財政出動する余裕に恵まれていたのです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。