記事

欧州復興開発銀行、中国の加盟を承認

画像を見る

中国人民銀行(中央銀行)が15日朝に発表した情報によると、欧州復興開発銀行(EBRD)理事会はイギリス現地時間12月14日に中国の加盟を承認したという。

欧州復興開発銀行は1991年に設立され、本部はイギリスのロンドンにあり、EUの重要な国際金融機構の1つだ。

中国人民銀行によると、中国のEBRD加盟は「一帯一路(シルクロード経済帯と21世紀の海上シルクロード)」構想とEUの投資計画との結合を推進し、中国とEBRDの中東欧、地中海東部と南部及び中央アジアなどにおける多角的な投資と協力ののための範囲が広がる。中国の加盟は各方面の利益に合致し、ウインウインの選択だという。

中国側によると、中国は同行に加盟後、加盟国としての義務を履行し、積極的に同行の各事務に参与し、ほかの加盟国と経験共有、共同融資、事業援助などにおける提携を強化するという。

中国のEBRD加盟は中国とEUが提携を推進する重要な現われだと見なされている。

(翻訳 王秋)

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。