記事

同性愛を排除したがる理由と前回の補足

 前回エントリーした「「同性愛は異常」と無邪気に思えること」はありがたいことにBLOGOSに転載いただき、いろいろな意見をいただくことができました。

 正直この話題で、これほどのコメントがつくとは思っていなかったのですが、それだけいろいろな考え方があるということかと思います。

 今回はそのコメントを受けての感想と、前回の補足について少し。

1 言葉狩り

 コメントの中に、私が「異常」という言葉にこだわって言葉狩りをしているだけではないかというものがありました。

 私自身、マスコミが自主検閲で行っている「言葉狩り」については、常々疑問に思っており、単なる言葉についてどうこういうつもりはありません。

 県議の思想の後ろから透けて見える、「ストレート」だけが絶対で、それ以外は認めないという態度がおかしいのではないかというのが出発点です。

2 相対主義

 そういう意味で散見されたのが、相対主義なら、県議の意見も認めるべきではないかというものです。

 私は基本的に彼の様な人がいることは排除しません。ただ、自分の主張・思想だけが正しく、それと異なるものは排除すべきだという態度がおかしいと言っているだけです。

 そういう意味で以前書いた様に、私は他人が頭の中で何を考えようが、どのような極端な思想を持っていようがそれを排除しようなどとは思いません(性的マイノリティへの偏見や差別をなくすにはどうしたらよいか)。

 ただ、それを表に出すので、あればそれで傷づく人もいるということを考えるべきで、そうした配慮が必要ではないかと言っているだけです。

 法律学的に言えば、思想の自由は無制限で認められるべきだが、それを公表するとなると公共の福祉や他(人)の自由権との整合性が必要になるという話です。

 もしかしたら、これは礼儀と言い換えた方がわかりやすいかもしれません。例えば他人の容姿についてどうこう言う人がいれば、それは礼儀としてどうかという話で、人の性癖も同じかと思います。

 ただ、ツイッターなどで、当事者との距離が遠くなってしまうと想像力が働かなくなるのか、こうした礼儀しらずな発言をして、炎上する人がいうという話と通じるものがあるかと思います(ツイッター炎上と発言基準)。

3 生物学

 生物学は門外漢で、確かに私の説明にも言葉足らずの部分がありました。それに竹内久美子氏については、確かにトンデモな部分があることは私も否定しません。

 例えば、彼女はツバメの雄のしっぽの長さから寄生虫への対応を雌が判断している(結果もてる)という説から、人間の女性もだから長い脚の男性が好きなのだと言う結論に至ったことなどがありますが、これはかなり無理があると思っております。



 ただ、言いたかったのは簡単に同性愛を「異常」といって良いのかという話で、コメントして下さった方もいるように、動物でも同性愛は多々みられ、特にボノボなどの事案では、本当に有名です。

 竹内氏を引用したのは、彼女の場合、結論はともかく、こうした学説を数多く紹介してくださっており、最初から排除するのはなく、そうした例を知れば、また考え方もかわるかなと思ったという次第です。

4 排除の原因

 紙屋高雪氏がこれまた『BLOGOS』で「同性愛を『気持ち悪い』と思うこと」というエントリーを行っております。

 この中で、「ぼくがふだん接する人たちの大半は、彼ら・彼女らが性的な存在であることは伏せられている。伏せられたままつきあうのである。いちいちそのセックスやいちゃいちゃぶりを想像したりはしない」という前提に立ちます。

 ところが、「こと同性愛者にかんしては、性的存在であることを、ことさらに思い出してその情報をつけて思い起こそうとする。また、話題にする」から「気持ち悪い」と思ってしまうのではないかという興味深い論考をしておられます。

 まさに卓見で、同性愛というと、どうしてもどう愛しあうのかとか、彼(女)と彼(女)がとか、そういう思想が先にたつのでしょう。

5 男性の排除の原因

 あと、私が思うのが今回の県議もそうですが、男性の男性に対する排除の原因です。

 男性にしてみれば普段はレイプの被害などは考えません。ただその例外足りうるのが、この同性(男性)からのレイプです。

 普段安全地帯にいるものが、同性から望まない性行為をされるというトンデモナイことの被害者となりうることもあるわけで、これはかなりの恐怖感をもたらすかと思います。

 というと、江戸時代では陰間などが普通に存在したではないかという話になりそうですが、あくまであれは「攻め」に過ぎません。

 つまり、自分の男性性は維持したまま、性行為の相手を買っているだけで、自分の優位性(主体性)は揺らぎません。

6 最後に

 ま、結論としては、私は同性愛がだめという方にそれを強制するつもりはありませんし、私自信も強制されたくありません。

 ただ、他人の性癖(嗜好)を勝手にどうこう言うのはおかしいと思っている話で、頭の中でそれを思う分にはいくら思ってもかまいませんが、それを態度や言動で当事者に対して示すのはどうかと思っているという話に過ぎません。

あわせて読みたい

「同性愛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。