記事

【パリ発】ルペンと橋下 加速する極右化

画像を見る

報道陣に囲まれるルペン党首。写真中央。骨がきしむような押し合いで殺気立っていた。=13日、リール 撮影:筆者=

 「マリーヌ(ルぺン)、プレジデント(=ルペンを大統領に)」・・・支援者のコールが鳴り止まなかった。

 支援者の熱狂には別段驚きはしなかった。驚いたのはメディアの熱狂ぶりだ。

 ルペン党首のアップを撮影し、インタビューを取ろうとカメラマンや記者が押し寄せ、大きくて人口密度の濃い渦ができた。ボディガードが遮るため、報道陣は殺気をみなぎらせた。

 これほどメディアを狂奔させる政治を日本では見たことがない。

 13日、地方圏議会選挙の投票が終わると、国民戦線のルペン党首は炭鉱の町リールで、選挙を総括する演説を行った。上述したのは、その時のもようだ。

画像を見る

エリゼ宮=フランス大統領府。次なる主は誰になるのだろうか。=14日、パリ 撮影:筆者=

 日本のマスコミ関係者は誰一人として取材に来ていなかった(筆者の見落としでなければ)。

 にもかかわらず日本のメディアは「仏右翼政党、全敗・・・」(朝日新聞web版)のタイトルを躍らせた。

 今回の地方圏議会選挙でルペン党首率いる国民戦線は378議席を獲得した。前回(2010年)が118議席だから3倍増である。大躍進だ。

 国民戦線は朝日新聞が“伝えて”いるように「トップの座は取れなかった」。

 それもそのはず。政権党の社会党(一応左翼)と共和党(右翼)が選挙協力したのだ。既存の2大政党が国民戦線に首位を取らせないように結託したのである。

 橋下徹氏率いる大阪維新を勝たせないようにするため自民党から共産党までが共闘した大阪府知事、市長選挙の構図と似ている。

画像を見る

父親と違い大衆路線をアピールするマリーヌ・ルペン党首は笑顔を絶やさなかった。=13日、リール 撮影:筆者=

 6日に実施された1回目の投票で、国民戦線はトップに躍り出た。13選挙区のうち6選挙区で首位に立ち、得票率でも社会党と共和党を上回った。

 焦ったヴァルス首相(社会党)は国営ラジオ局の番組で「国民戦線の台頭は内戦を招く」とする趣旨の発言をし、波紋を呼んだ。

 社会党は議席を半減させた。全議席を失った選挙区も2つある。

 地方圏議会第1党となった共和党は、国民戦線の意向を汲まざるを得なくなった。

 不人気の共和党は、大衆の支持がある国民戦線の政策に迎合してきた。今回の選挙結果を受けて、国民戦線は発言力をさらに増すことになる。

 フランス政界がますます右旋回することは避けられそうにない。

 日本に譬(たと)えるならこうだ ― アベ政権は人気のある大阪維新を自らの補完勢力にすえた。強力な補助エンジンだ。憲法を改正してアベ政権自身が極右政権となる可能性がある。

 ~終わり~
 
  ◇
地方圏議会選挙はフランス取材で得た大きな教訓でした。借金をしてフランスまで足を運んだ甲斐がありました。↓
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。