記事

訂正:欧州市場サマリー(14日)

[14日 ロイター] -

(カッコ内は株式・債券先物が前営業日比、債券現物が前営業日終盤)

<為替> 欧州終盤   アジア市場終盤

ユーロ/ドル<EUR=>    1.1023 1.0960

ドル/円<JPY=> 120.56 121.22

ユーロ/円<EURJPY=> 132.89 132.85

<株式> 終値      前営業日終値

FT100<.FTSE> 5874.06(‐78.72) 5952.78

クセトラDAX<.DAX> 10139.34(‐200.72) 10340.06

<金現物>

午後値決め<GOLD/EU1> 1068.25 1072.50

<債券>

*GMT:20時04分

先物清算値

独連邦債2年物(3月限)  111.53 (‐0.02) <FGBSH6><0#FGBS:>

独連邦債5年物(3月限)  131.03 (‐0.11) <FGBMH6><0#FGBM:>

独連邦債10年物(3月限) 158.73 (‐0.45) <FGBLH6><0#FGBL:>

現物利回り

独連邦債2年物       -0.336 (-0.348) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>

独連邦債5年物       -0.095 (-0.109) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>

独連邦債10年物      0.568 (0.542) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>

<為替> カナダドルが対米ドルで下落し、11年半ぶりの安値を付けた。原油安に歯止めがかからずカナダドルなどの資源国通貨が売られる一方、円とスイスフランには安全買いが入っている。

<ロンドン株式市場> 8営業日続落。取引時間中は5871.88ポイントまで下がる場面もあった。金属や原油の値下がりで鉱業や石油関連が売られた。

<欧州株式市場> 続落。原油値下がり(訂正)でエネルギー株が売られた。12日は世界最大の金属消費国である中国の11月の鉱工業生産が発表され、5カ月ぶりの高い伸びを示した。これを買い材料に欧州の株式相場は上昇して始まったものの、原油安やドル高、銅価格の下落で、終盤にかけて売りが優勢となった。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が今週、利上げに踏み切るとも予想されるなか、投資家はポジション調整を行った。

フランスやスペインの政局は材料視されず、中銀の動きを注目している模様だ。

*<欧州株式市場>の「原油値上がり」を「原油値下がり」に訂正します。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。