記事

FRANCE地方議会選挙の第二回投票は三方安堵か。

一夜明けてフランスの地方(région=道州)議会選挙の確定結果が出た。

画像を見る


フランスの本土では、社会党・左翼連合が5州、共和党・保守連合が7州でトップとなり、極右FNは結局トップとなったのはゼロに終わった。コルシカだけ諸派の民族党がトップとなっている。

この結果には、様々な論評があるが、まずは、Le FN est battu, la droite revient, la gauche résisteという大見出し。

第一回投票でFNが全体のトップに立ったのが衝撃的だったので、二回目では概ね安堵する傾向が強い。
ただし、テレビなどでも様々な人が繰り返し述べているが、全体の得票で FNは概ね20%を占めていて、右翼・左翼、そして極右の三大勢力が割拠する状況にかわりはないのである。

その意味で、上記記事の写真ではマリーヌ・ルペンが悔しさをにじませているが、総じてFN関係者のインタビューは明るい。

もう一つは、これまた相変わらずということだが、社会党の退潮は否定出来ないところであり、同じ安堵の表情でも社会党・左翼の皆さんは概して元気がない。
そのことを象徴するのが、パリを中心とするイル・ド・フランスの選挙結果で、左翼が負けたのは17年ぶり。その結果、イル・ド・フランスの社会党トップのClaude Bartoloneは、国民議会議長職を辞すると表明した。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。