記事

ブラジル中銀のシゴキに投機筋から悲鳴

いま景気が良いブラジルには世界の投資家のお金が集まっています。

これはブラジルの通貨、レアルを押し上げる効果をもたらします。

ブラジル・レアルが強くなるとブラジルの輸出業者が苦しくなります。

そこでブラジル中銀は徹底したスペキュレーター退治に乗り出しています。

外国の投資家がブラジル国内の債券や株式を購入するためレアルに換金した瞬間に6%の税金を召し上げられるというエグい金融取引税の存在は海外の投資家にもよく知られていますが、今度は国内の金融機関にもキョーレツな「お尻ぺちぺち」が出ました。

ブラジル国内の金融機関でドルをショートしているところはそのドルショート・ポジションにリザーブ・リクワイアメント(預金準備)を強制するというものです。

計算式としては:

(ドルショート金額)−(銀行のティア1キャピタル)=(差額)× 60%

で計算される金額をブラジル中銀に振り込まないといけないのです。もちろんブラジル中銀に人質に取られるお金にたいしては一切、金利は払ってくれません。

これでブラジルとアメリカの金利差に目をつけたキャリーのポジションはシャットアウトされるわけです。

今回の措置は我々ガイジン投資家には直接カンケーないけれど、国内の金融機関はマッサオだそうです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。