記事

同時多発テロ後のパリはいま - 山本隆三

テロで揺れるパリにおいて、11月30日から気候変動枠組み条約 (UNFCCC) 第21回締約国会議が開催されている。会議はCOP21と呼ばれているが、COPはConference of the Partiesの略で、「当事者の会議」の意味であり、UNFCCCの会議に限らずあらゆる会議が該当する。例えば、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議はCOP10と呼ばれた。しかし、COPと言えばUNFCCCの会議を指すことが多いようだ。

 今年のCOPは、2020年以降の世界の温室効果ガスの排出量を抑制し気候変動問題に対処する新取り決めを議論する場であったため注目を浴び、世界196カ国の参加があった。COPでの議論の内容については別途ご報告する機会があると思うので、今回はCOPにまつわる余談と、パリのいまの姿をご報告したい。

COPには誰でも参加できるのか?

画像を見る
COP会場入り口の様子

 COPには誰でも参加することはできない。交渉を行う政府関係者以外は、UNFCCC事務局に登録が認められた研究機関、ビジネス関係の団体、環境NGO、マスコミの関係者などに限定される。今回のパリのように2020年以降の新しい枠組みを決める重要な会議になると各組織からの参加希望者が多くなるが、組織ごとに参加者の人数枠が決まっており、希望者全員の参加は叶わない。

 参加が認められた場合には、写真付きの入場証が発効され、入退場はこれにより管理される。会場内には大中小の会議場、また政府のパビリオン、組織のブースなどが設けられ、正式の会議以外に、気候変動の科学、政策、技術の紹介など様々なイベントが開催される。また、組織のブースでは、資料などが配布される。

画像を見る
“パリCOPバッグ”の中身

 参加者には、毎回異なるCOPのバッグが配布される。中身はノート、筆記用具などだが、今回のパリでは水筒が含まれており、会場内に水筒用の給水場が用意されていた。ペットボトルを消費しないようにという環境への配慮だろう。

ガラガラのパリ行きフライト

 COP開催前の週末にパリに入ったが、成田発のフライトの乗客はビジネスとエコノミーを合わせ40名程度だった。ガラガラの状態だ。2週間続くCOPの前半だけ出席し、私は帰国したが、帰りのフライトの乗客は50名だった。

画像を見る
脇にモニュメントの立ち並ぶ会場内

 シェンゲン協定によりフランスを含む欧州連合加盟国22カ国とスイスなど4カ国内では、出入国管理が撤廃されているが、テロ事件後フランスはシェンゲン協定国についても出入国管理を復活させた。そのためシャルル・ド・ゴール空港の混雑を予想していたが、到着時間がよかったのか、拍子抜けするほどパスポートコントロールには行列がなく、数分待つだけで私の順番になった。入国する人によってはかなりの質問を受けていたが、日本人の場合にはパスポートを見ることも写真と比較することもなく、スタンプを押して数秒で入国審査は終わるようだった。日本人については、出入国審査は普段と変わることはないということだ。

 税関の荷物検査も呼び止められることなく通過したが、数組の乗客がかなり徹底的に荷物を検査されていた。荷物検査はいつもより厳しくなっているのだろう。

セキュリティチェックは必須

画像を見る
米国のセミナーの模様

 米国系のホテルに宿泊したためか、ホテル到着時タクシーはホテルの玄関に直接つけないように玄関前は閉鎖されていた。また、ホテルの回転ドアは閉鎖されており、横の小さなドアだけが使用可能だった。ホテルに入るには、まずパスポートを見せ到着客であることを告げるとガードマンが端末でチェックイン客であることを確認し、その上で荷物検査を受ける必要があった。

 ホテルにはショッピングモールが隣接していたが、ホテルからモールに入るためには、モールのガードマンによる荷物検査が必要だった。パリのデパート、ショッピングモールなど人が多く集まるところでは荷物検査は必須だ。また、コートの前を広げコートの下に何も隠し持っていないことを示す必要もあった。

 街中には、所々に自動小銃を持った兵隊が立っており、また数名の兵隊のグループがパトロールをしている姿をよく見かけた。指を半分自動小銃の引き金にかけており、まさに臨戦態勢と呼べる状態だった。いつもは混んでいるパリのカフェだが、道路に面した席には空席も目立った。

そんな中でも爆買い中国人

画像を見る
炭素価格について議論が繰り広げられている会場内

 クリスマス前の買い物シーズンのためか、ショッピングモール、デパートには、いつもよりは少ないと思われるものの結構な人出があった。プランタン、ラファイエットの高級デパートで目立ったのは、中国人だ。中国人に今人気のルイ・ヴィトン、シャネルには行列が出来ていた。店員に聞いたところでは、一日中、この2つのブランド店での中国人の行列は途絶えることはないとのことで、日によっては開店と同時に長蛇の列ができるとのことだった。また、中国人はその時々で特定のブランドに殺到するとも聞いた。今の人気は先の2つのブランドとのことだ。

画像を見る
低石炭(低炭素?)を訴える中国パビリオンのポスター

 テロのあったパリでは、逃げ場のない地下鉄、列車に乗るのが結構ストレスだが、これだけ多くの中国人買い物客が、集まるのはなぜだろうと疑問に思い、店員にきいてみた。答えは、簡単だった。中国の観光客はほぼ全員ツアーバスで移動しており地下鉄には乗らないので、ストレスはないだろうとのことだった。観光客は減っているが、中国人は減っていないとも聞いた。

降りられない地下鉄

 いまパリの地下鉄のホームには転落防止の柵が設置されている。日本と同じように地下鉄が到着すれば、車両のドアと同時に柵のドアが両側に開く。このホームのドアが結構壊れているのだ。ホームから電車に乗る場合には壊れているドアを避ければよい。電車から降りようとした時に、ホーム側の柵のドアが故障していれば悲劇だ。ドアを乗り越えることはできないので、降りられない。

画像を見る
資金援助を訴えているにもかかわらず、ハイテクなインドパビリオン

 COP21開始前日の29日と初日の30日には、パリ市内の地下鉄とRERと呼ばれる郊外電車は全て無料になった。COP参加者には、通常市内の会場に行くため会期中有効な交通機関無料のパスが提供される。COPの会議場に行けばパスがもらえるが、最初に会議場に行くため利用する交通機関の費用を負担する必要がある。フランスはCOP参加者が会場に行くための費用を無料にするために、地下鉄とRER利用者を全員無料にしたのだ。

 29日に地下鉄に乗るため切符を購入しようとしたところ、地下鉄職員に「今日と明日は無料」と言われたので、事情を聞いたら「COP参加者のために無料になった。参加者かどうかは分からないので、全員無料。オランド大統領は気前が良いのだ」と説明を受けた。

COPパスでディズニーランドに行ける?

 今回COPが開催されたのは、シャルル・ド・ゴール空港と北駅を経由し都心を結ぶRER B線の比較的空港よりの会議場だった。RER B線は現金を持った観光客が空港から都心に向かうため乗り込む路線でもあり、観光客狙いのひったくりなどが多い路線として有名だ。私も10年ほど前に被害に合いそうになった。

画像を見る
PER B線車内の様子

 RERに乗り込もうとしたところ入口に3人組がいて中にいれてくれないのだ。右から中に入ろうとすると3人組は右に移動し、左から入ろうとすると左に移動する。入口から中に入れてくれないのだが、これが手口だ。私の知人が直前に被害にあっていた。空港から乗り込みドア付近に立っていたところ、途中駅に到着し発車直前に手荷物を2人組にひったくられたのだ。追っかけようとしても相手はドアが閉まった向こう側のホームにおり、車内の知人は地団駄を踏むしかなかった。知人の話を聞いていたので、私は直ぐに隣の車両に乗り込みことなきを得たが、知らずにドア付近に立っていればひったくりにあっていただろう。

 RERは郊外電車で、路線に寄っては治安のよくない場所を通るが、A線はユーロディズニーに行く路線だ。このユーロディズニーの手前にアウトレットがある。欧州のブランドを中心としたアウトレットで、夏休み時期の混雑はラッシュの電車並になる。もちろん客の多くは爆買いの中国人だ。今回のCOP参加者に配布された乗り物無料パスでユーロディズニーまで行けるか尋ねたところ、可能と言われた。このパスを利用しディズニーとかアウトレットに行った参加者はいたのだろうか。

あわせて読みたい

「パリ同時多発テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ホームレス拒否 人権に疎い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  7. 7

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  8. 8

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  10. 10

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。